Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C39]

アズキ先生始まったな!!

まさか先生が、中性的で全然おkなイケメンだったとは…アーッ!!
  • 2007-07-19 18:02:24
  • 投稿者 : 小野妹子
  • URL
  • ◆- 編集

[C40]

新ジャンル
自分
  • 2007-07-19 18:29:19
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C41]

そうか…どうりでこれまでセクロスフラグを目の前まで突きつけられても軽くスルーしてたわけだ


まったくウェンツといい便器といいどうなってるんだw
  • 2007-07-19 18:44:11
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C42]

きっと女王の部分は名倉フィルター(?)のせいで血迷ってただけだと思います
  • 2007-07-19 19:10:24
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C43]

ですよね

自分とセクロスだなんてww
俺は無理。
  • 2007-07-19 23:23:52
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C44]

と言うよりその時はむしろ「未亜を助けないと・・・」という強迫観念が


「すまんね~、兄馬鹿で。」
  • 2007-07-20 00:16:57
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/12-544ad205
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

一日滞・・・在?

前の記事(7月17日)同日の夕方での話。
筆者多忙に付き更新できなかった部分。

※先にまとめ
・偽りの目覚めの時点から覚醒に至るまでずっと現実と思い込んでいた
・五感は通常の離脱時のそれと同レベル
・記憶が曖昧となって思い出せない部分が多々あるが、時間の経過感覚は完全にリアルに残っていた
・現実時間1時間半未満に対して体感時間丸一日(思い出せない部分含んで)
(夢・明晰夢でここまでの時間圧縮機能は体験した事がない)

以下、思い出せる部分の記録。


  7月17日
 PM5:00頃に入眠。意識飛ぶ。
 自室。偽りの目覚め。この時からずっと現実と思い込んでいる。布団から上体を起こして何気なく右手を見ると指の爪がぼろぼろになっている。
そしてそのうちの一本は根元で割れかかっている。
ただ、全く痛みは無かったので(まあ、放っておいて良いか)と思いながら部屋をうろつく。
(大体はここでとっくに二度寝に入っているが、今回は入眠前から短時間の仮眠のつもりで眠りに就いたのでそのまま部屋で活動している。)
偽りの目覚めと気付かないまましばらくして記憶が曖昧に。


記憶再開。いきなり戦国時代に。どうやら織田信長軍vs魔人信長(単騎)で合戦をしているようだ。
ただ、人間の方の信長の髪型が、赤髪で更に髪を細かく編んでとぐろを巻いている感じでかなり弾けてる。
織田軍の構成は農民中心。ちなみに魔人の方は、無敵結界という特性を持っているため傷一つ付けられない。
織田信長「皆の衆、戦じゃ。死ぬつもりでかかれ!」
軍「おおぅ!」
鬨の声と共に全軍突撃・・・かと思いきや織田信長と魔人信長の一騎打ち。
自分「無敵結界付きの魔人相手に正面から勝負とは・・・ご苦労な事だ」
と冷ややかに傍観してるあたりで記憶が曖昧に。


記憶再開。女王が主催で武闘大会らしきものを開いているようだ。トーナメントを勝ち抜く記憶が飛んでいきなり決勝戦に。
何故か舞台はスーパーマーケットの中っぽいところ。決勝戦の相手は当真未亜(DUEL SAVIOR)。
しかし未亜の戦闘放棄につき自分の不戦勝が確定。その場で衛兵らしきものがやって来る。
そこでどうやら大会の優勝者は女王に子種を提供しなければならないらしいことを知らされる。仕方なく全裸になる。
自分「未亜・・・済まない。だが、絶対に未亜は幸せにしてみせるからな。例えこの身に代えてでも女王に取り入って未亜に最大限の便宜を図ってもらうからな」

そして気付くと目の前に既に全裸状態の女王が。その女王は体付きがやや男っぽい。
そして、ふと視線を下にやると、立派なものが生えていた。顔は中性的である。
取りあえず顔的には余裕でおkだったので要請を受けることに。
しかし、やはりこちらのは全く機能しない。そうこうしているうちに記憶が曖昧に。
(起床後思い出してみると、女王の顔はどう見ても自分だった。)


記憶再開。中華食堂。凄い量の煙が炊かれていて、店主が煙についての薀蓄を垂れ流している。
どうやらその煙が料理に何かしらの影響を及ぼすそうだ。
実際、その煙を吸ってみると、無臭であったが、何故か「美味しい」という味覚を感じた。
しばらく店主の薀蓄を聞いているうちに記憶が曖昧に。


記憶再開。自分のマンション前に男二人連れで立っている。どうやら引越し会社の従業員のようだ。
そして自分の体が身長2.5mほどの巨人になっている。体を折り曲げながら自室の目の前へ。
鍵を開ける感触にしても現実としか思えなかった。部屋に入ると、いかにも引越し前らしく、
いつでも引越しができるようにモノが整理されていた。記憶が曖昧に。


記憶再開。両親と過ごしている。三人であちこちうろつきまわっているようだ。
そして公園で釣り。父とかなり高度のある位置から川へ向かって釣り糸を垂らしている。
しばらくして何かが掛かる。だが今にも糸が切れそうだ。ここで何故か自分は
その糸を切らなければいけないと考えるが、父に危険だと言われ自粛する。
次いで母の元へ。母は土を掘り返している。何をしているのだろうと伺っていると、
やがて地下の異常に広い空間へ穴が繋がった。
この地下空間というのは、底が見えないくらいに深く、また周囲が近代建物風の壁で覆われている。
母「ほら、掛かった」
と言ったので穴の中を見ると、そこからこちらに向かって小バエっぽい蟲が一匹飛んできた。
この小バエもまた異常なまでに現実そのもので、従って煩わしさも現実そのものであった。
この小バエから逃れるために遠くへ離れたところで記憶が曖昧に。


そして場面は実家の食卓。
ここで母が、PCで自分(あずき)のブログを見ていることに気付く。
自分「こっちからはブログのことについて何も言ってないのによく分かったな」
母「見たらすぐに分かった。ブログに載ってる???と同じだったから」
ブログの映っているPC画面を指差す。やはりレイアウトは現実と全く同じ。
自分「そんなに自分の性格が文章に出てるかな・・・」
母「いや、その人のことがブログに載ってたから(自分の背後を見ながら)」
自分「ん?未亜のことかな?」
母「硬派で実直で聡明。あなたのことをいつも激しいほどの一途さで想っている。」
自分「え・・・?それってもしかして例のロz」

その途端、自分の頭に一つのインスピレーションが過ぎる。
『青空と草原だけが広がる場所。他には何も無い。
そこで、冷淡で聡明かつ高貴な印象のある黒髪の女性が佇んでこちらを見ている。
その女性は光に包まれている。しかし確かにこちらを向いてるはずなのになぜか顔が分からない。』

そこでイメージが途切れ、どこかの地下駐車場に飛ばされる。
それとともに「PM6:30」というインスピレーションが流れてきた。
その後、母にもっと詳しい事を聞こうと建物内を探し回っているうちに覚醒。


時計を見るとPM6:20であった。

6件のコメント

[C39]

アズキ先生始まったな!!

まさか先生が、中性的で全然おkなイケメンだったとは…アーッ!!
  • 2007-07-19 18:02:24
  • 投稿者 : 小野妹子
  • URL
  • ◆- 編集

[C40]

新ジャンル
自分
  • 2007-07-19 18:29:19
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C41]

そうか…どうりでこれまでセクロスフラグを目の前まで突きつけられても軽くスルーしてたわけだ


まったくウェンツといい便器といいどうなってるんだw
  • 2007-07-19 18:44:11
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C42]

きっと女王の部分は名倉フィルター(?)のせいで血迷ってただけだと思います
  • 2007-07-19 19:10:24
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C43]

ですよね

自分とセクロスだなんてww
俺は無理。
  • 2007-07-19 23:23:52
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C44]

と言うよりその時はむしろ「未亜を助けないと・・・」という強迫観念が


「すまんね~、兄馬鹿で。」
  • 2007-07-20 00:16:57
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/12-544ad205
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。