Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C435]

アヒィィィィってwwwwwwwwwwww
  • 2008-04-28 23:33:46
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C436]

すごく…遊ばれてます…
  • 2008-04-30 02:23:21
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/123-964aabe6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

吸血鬼一族、教訓

装甲も 柔の拳には 無力かな


  4月28日

ディープ・ジャーニーを音量1で聞きながら入眠。




今回も体感時間が非常に長かったが
・ややグロッキー状態で記憶を固める気が全く起こらなかった
・(大部分は)特筆事項も無かった
といった理由から記憶放棄、のち風化。



終盤部。

異常に大きな施設内。
そこで自分はTウイルスに感染しているようなことを言われた。
そしてそれ故にハンターに追われる身となった。
追っている主要ハンターは虎太郎先生(あやかしびと)。
取りあえず相手をしたらキリが無さそうなので逃亡。

やがて部屋に入るがそこは行き止まりだった。
さて、このまま囚われるか…
と思ったところでいきなり空間転移。

転移先は・・・よく分からないが無機質な大部屋。
そして目の前には二人。
一人はレミリアさん。
もう一人はセバスチャンとでも名の付いていそうな老給仕。

レミ「フフ…」
セバス「危ないところでした」
自分「…どういうことですか?」
セバス「実は貴方はTウイルスなどではなく吸血鬼の血を受けているのです。」
自分「なるほど…つまり同族と」
セバス「いいえ。我らが吸血鬼の眷属に加わるためには相応の力を持っている事が必要なのです。この力というのは、虎太郎ですら全く足元に及ばないほどの大きなものを求められています。ましてや貴方では…なので貴方にはここで消えてもらうしかありません」
自分「ちょっと待ってください、それではあまりに不条理です。…では、こうしましょう。自分が全霊の一撃を受け止めて見せます。受け止められれば力があると認められるでしょうし耐えられなければそれまでです」
レミ「良いわ。私がやってあげる」

ということで開始。
レミリアさん、向かい側の壁上部に張り付く。
そのまま直撃(214C)が来るとばかり思っていたので、全身に全霊の念を込める。
いかなる痛みにも衝撃にも怯まず真っ向からこの身を以って耐え抜く覚悟をする。
そしてアーマー頼りで全力同士の正面衝突に備える。

レミリアさん、飛んできた。
自分「(来るッ!……あれ?)」
レミリアさん、自分の目の前辺りに着地。

キッ、と睨み付けてきたかと思うと…
レミ「(ニコッ)」
と天使の微笑み(いや吸血鬼だけど)とでも形容されそうなほどの表情を浮かべる。
浮かべたかと思いきや、自分の全身が何やらエネルギー的なもので形成された手のようなもので軽くつままれる。
その瞬間
ビギーーーーーーーーーーーーン!
と強烈なまでの痙攣(振動)が全身を襲った。
金縛り時のMAX振動時よりも強いバイブレーションだったかもしれない。
剛の意気で構えたところで完全にこちらの不意を打たれたことと相俟って効果抜群だった。
自分「アヒイィィィィィィィィィィィィィィイ」
と悶えずにはいられないほどの強烈さだったがひたすら我慢した。

その後、覚醒。




覚醒してかなり後になって気付いたが…
最後の体験は「激流を制するは静水」そのものである。
段持ちの柔道家を相手に全身に全力を込めて踏ん張っても腕一本で重心を少しずらされただけで倒されるアレそのものである。

こういった教訓・メッセージ性がさりげなく秘められていたりするので一見ただの娯楽回のような体験でも侮れない。

2件のコメント

[C435]

アヒィィィィってwwwwwwwwwwww
  • 2008-04-28 23:33:46
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C436]

すごく…遊ばれてます…
  • 2008-04-30 02:23:21
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/123-964aabe6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。