Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C437]

そして前々回のタイトルも毒
  • 2008-05-02 00:22:42
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C438]

そういえば確かに…と言っても微妙にニュアンスは違いますが

それにしてもめらんこさんとは…
  • 2008-05-02 23:36:30
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/124-0522e283
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

海底要塞、メディ

毒の霧 毒の体に 毒の花


  4月30日

ディープジャーニーを聴きながら入眠。



最後に数回連続で偽りの目覚めを喰らった+そもそも特筆事項も無かったため大部分記憶風化。



終盤
自分は帝国軍とやらの所属。
ファンタジークラスの巨大航空母艦の司令室にいる。
どうやら帝国軍は敗北を喫している模様。
そこで艦長になにかの重要アイテムを渡される。
敵の手に渡らないようそれを持って逃げろということらしい。

さて、司令通りに逃げようと外を見てみると…
片面にはこれまたファンタジークラスの巨大な岩山、もう片面は地平線のみ。
要するに海底に心中しろということのようである。

さっさと海底へ飛び込む。
後から敵が追ってくる。
ふと海底を見回すと、先ほどの岩山の方面にこれまたファンタジックな要塞のようなものが。
取りあえずそこへ逃げ込む。
何となくこの要塞を抜けると岩山の向こう側の大陸に出られるような直感が。
ということで要塞の中を延々とすすんでいく。
追っ手は完全に撒いた様である。

それにしても途方も無く大規模かつ複雑怪奇な構造の要塞である。
まさしくダンジョンと呼んで良いような海底要塞。
無論海中でも呼吸の必要も無いので心地よい。
そして何より、古きよきRPG的なノスタルジーが素晴らしい。

…が、さすがに延々と同じような狭くて薄暗い廊下や階段が続くのは少しキツい。

途中で、五感がフェードアウトしていって思念空間的な状態に入った。
自分「(そろそろ光が見えてきても良さそうなのにな…)」
と思った時、水中に暖かさを感じた。
そして光も差してきた。
自分「(遂に向こう側に出たか…さてどのような世界が広がって…)」

と水上に出てみると…そこは密室的で無機的な空間が広がるのみ。
その空間には、無数の花が異様に囲んでいた。
そして、金髪の女性が居た。

取りあえず今すぐ薄暗い海中に戻るのは気が滅入るのでしばらく滞在する事に。
その女性は非常に友好的に接してくれた。
…というよりもむしろ微妙に誘惑してきているような感じだった。

しばらく適当に過ごしていると…
女性「そろそろ効いてきたかな…」
自分「ん?何が…って、これは」
いつの間にか自分の周りに紫色の霧が充満していた。

と、ここで正体を現す。
実はこの女性は7頭身ボディに外貌を偽装していたメディスンさん(人形)だったのである。
紫の霧は毒の霧、花々は鈴蘭…
そしてメディスンさんは好んでここに住んでるのではなく捨てられているのである。
(明らかに後付けっぽいが…この見事な伏線回収は驚いた)

メディ「もうそろそろ動けなくなr…って、あれ?おかしいなぁ」
自分「ああ、自分にはそんな毒なんぞ効かない」
メディ「そんなぁ~」
自分「まあ毒殺しようとしたことはいけないが…しかしこんなところに廃棄されてるのもな…そうだ、自分がここから人形のプロ(アリスさん)の元に連れて行ってあげよう」
メディ「ちょ、ちょっと、待っt」

と連れ出した辺りでフェードアウト。



相変わらず「意識してない人物に限って出現する傾向」が…

2件のコメント

[C437]

そして前々回のタイトルも毒
  • 2008-05-02 00:22:42
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C438]

そういえば確かに…と言っても微妙にニュアンスは違いますが

それにしてもめらんこさんとは…
  • 2008-05-02 23:36:30
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/124-0522e283
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。