Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C475]

セガール理論の誕生である
  • 2008-06-25 07:39:02
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C476]

ほんとそうだなw
映画のカンフー?て受け止めてもらうための攻撃に見える
  • 2008-06-25 08:16:14
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C477]

そういや後になって「あれって無意識のうちに自分で展開を誘導してたよな…」と気付くことがあるなあ

あと、逆に考えてみても魔法とか飛行とかは
結果に自信が持てない・イメージが漠然としてる時はほぼ確実に失敗するなあ
  • 2008-06-25 13:08:50
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C478]

何をせずとも指定の個体を消滅させる
という確信さえあれば実現するんだな。

誰も自分を襲わない確信さえあれば戦闘すらも回避可能というわけか

あらゆるイレギュラーの可能性を淘汰しきれれば…の話だが、この考えすら確信に至るには邪魔になるな。
  • 2008-06-26 22:07:58
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C479]

>セガール理論
THE・その発想は無かった
まさしくそのような感じです
ただし、セガールクラスになるにはセガール並みの確信が必要ですが

>あれって無意識のうちに自分で展開を誘導
まさにそれも1作用だと考えています
>逆に考えてみても
まさしくその通りです

>この考えすら確信に至るには邪魔
結局は自己の体験を(理屈よりも直感で)反芻して次からの体験にフィードバックさせていくしかない、ということですね
…見事にモンローの主張とほぼ同じ結論に至っているという
  • 2008-06-26 22:56:00
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/143-7d94b7c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

当て身技・結果先行決定・意念創造力

娯楽回での非常にどうでも良い防衛技術的な話…から意念創造力へ
[追記]南斗聖拳+医療(08/09/01)


○まず自分の場合
基本的に何者かに襲われて反撃する時。
いわゆる魔法と言った類いのものの発動はその時々でかなり不安定。
(一応雷系はある程度は安定しているが)
武器の類いも、途中で気付くと柄の部分が握れないほど短くなったりハリボテになっていたりすることが多々。
それに対して自己の身体はまず裏切らない。
特に腕については強化も非常に容易。

○いわゆる当て身技
ということで体術につい頼りっきりであるのだが…
ここで他の事にも一般化できそうな技術があるので解説。

例えば
①『相手が刃物を持って全速力で突進して来た。自分は相手の腕を横から掴んで剣を奪った』
②『魔物が牙で喰らいついてきた。自分はその口の中に腕を突っ込んで押さえた』
など。

まず①のケース。
これは、自分が人外的な動体視力を持っていて「見てから掴み余裕でした」をやっているのではない。
起きている事象としては格ゲーの当て身技のようなものに近い。
まず、無意識のうちに「この攻撃を取れる」という確信が形成される。
(その確信に従って構える)
そこから「この攻撃を取る」という結果を先に無意識のうちに決定してしまう。
その先行された結果から遡及して現在の相手の動きに改変が加わる。
具体的に言うと、スピードが緩まる、勢いが無くなる、軌道が都合良く変わる、など。
それら全てが「この攻撃を取る」という結果のために働きかける。
そこをついて相手の攻撃を取るわけである。
まさしく当て身技である。
「普通に構えている時と当て身用に構えている時とで見た目はほとんど変わらないが内部処理が違う」
と言った感じ。
この時、微妙に相手の刃が当たったりする(結果の形成不足が原因)が、まず深手は負わない。

②のケースはこれと原理的には同じ。
ただし魔物が喰らいついてくるという状況である以上、なかなか完全回避といった確信は得られない。
そこで、一応喰らいつくという結果までは許容・妥協するが噛み付く力を操作して
自己の腕の装甲>>>>(超えられない壁)>>>>魔物の攻撃力
という状態を作出するわけである。

○一般化・意念による創造力
さてここから一般化。
周知の通り向こうでは「意念による創造力」が全てである。
すなわち、自己の意念が周囲の全てに作用を及ぼせる、ということである。
先ほどの当て身技も、この「意念による創造力」と同列にある。
他にも同列の作用は最早列挙する必要すら無いほど山ほどある。
およそ概念と呼べるもの全てについて作用を及ぼせると言って良い。
(能力、展開、人物、環境、設定etc…)

ここで重要なのは「結果に対する確信(確固たるイメージ)」である。
結局はこれがどれだけrigidかによってその事象が実現するか否かが決まる。
(周囲の設定を利用した場合の能力その他の成功率が高いのは、この確固たるイメージが形成し易いため)



と簡単に書いてはみたが、実践になると非常に難しい。
結局は自己の経験からラーニングしていくしかない。

5件のコメント

[C475]

セガール理論の誕生である
  • 2008-06-25 07:39:02
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C476]

ほんとそうだなw
映画のカンフー?て受け止めてもらうための攻撃に見える
  • 2008-06-25 08:16:14
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C477]

そういや後になって「あれって無意識のうちに自分で展開を誘導してたよな…」と気付くことがあるなあ

あと、逆に考えてみても魔法とか飛行とかは
結果に自信が持てない・イメージが漠然としてる時はほぼ確実に失敗するなあ
  • 2008-06-25 13:08:50
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C478]

何をせずとも指定の個体を消滅させる
という確信さえあれば実現するんだな。

誰も自分を襲わない確信さえあれば戦闘すらも回避可能というわけか

あらゆるイレギュラーの可能性を淘汰しきれれば…の話だが、この考えすら確信に至るには邪魔になるな。
  • 2008-06-26 22:07:58
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C479]

>セガール理論
THE・その発想は無かった
まさしくそのような感じです
ただし、セガールクラスになるにはセガール並みの確信が必要ですが

>あれって無意識のうちに自分で展開を誘導
まさにそれも1作用だと考えています
>逆に考えてみても
まさしくその通りです

>この考えすら確信に至るには邪魔
結局は自己の体験を(理屈よりも直感で)反芻して次からの体験にフィードバックさせていくしかない、ということですね
…見事にモンローの主張とほぼ同じ結論に至っているという
  • 2008-06-26 22:56:00
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/143-7d94b7c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。