Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C485]

あれ?変性意識無しなのに既に変性意識状態?
  • 2008-07-05 11:54:28
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C486]

前者は「明晰度低」ですね…
ちょっと書き直します
  • 2008-07-05 22:31:27
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/146-f47b2fd9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

助けて紫さん

祝・EXTRA進出


  7月4日

ディープ・ジャーニーを聴きながら仮眠。

覚醒。
時間的余裕があったので5分間隔チェーンアラーム。



チェーンアラーム数回目。

気付くと、自室っぽい。
このとき、明晰度低・五感曖昧。
室内はかなり薄暗い。
現実の自室は明るかったのでこの時点で既に変性意識状態。

ここで、視覚だけ自室に置き去りにしたままで何か話が展開し始める。
よく分からないが、数人分の人物遍歴的なものが流れている。
うち一人は、フランス人+(正体不明)の娘で日本生まれ・フランス育ち・日本帰りとやら。
あとは最早抽象的過ぎて記憶に残らなかった。



唐突に明晰度・五感ほぼ復帰。
そこは、仄暗いプラットホームだった。
客は10人程度で寂れている。
どうやら廃駅のようである(ぶらり廃駅下sh
光源は一つも見当たらない。
だが単に暗いと言うことではない。
全体がダークブルー的なトーンで覆われていてむしろ視覚的には現実より精妙な感じ。
多分廃墟マニアが来たら二度とここから離れたくなくなる。

と、暴風と共に電車がやってくる。
取りあえず乗り込む。

電車内部の過程がすっ飛ばされていきなり平原に独り。
後付けで伝わってきたことには、
『他の客が車掌を挑発してふざけていたら何故か何もしていない自分が降ろされた』
ということ。

自分「なんでよりによって何もしていない自分が…まあ構わないが」
ということで振り向いてみると…
バイクに乗ったならず者が一面を覆っていた。
そしてそのゴテゴテとした装飾は聖帝十字軍を髣髴とさせる。
実際聖帝のあの玉座もあったが聖帝自身は見当たらなかった。
数的には、シュウのレジスタンス本拠地を攻める時くらいは居たような。

このままだと99%酷い目に遭わされるのでさっさと飛行で逃げる。


何とか逃れる。
広場のようなものを見かけたので降りようとする。
そこには、紫さんが立っていた。
ちょうど目が合ったので近くに降り立つ事に。
…紫さん、下からこちらを傘で突こうとしてきた。
慌てて避ける。
(避けなかったら位置的に*を突かれていたような…)
自分「ちょ、何をするんですか」
紫「あら」
どうやら本人に悪気は無く、相手を振り向かせるために人差し指で軽くつつく感覚でやったようである。
悪気は無いということで許す。

紫さん、いつの間にか離れる。
…キャッチセールスの男が来ていた。
自分が捕まる。
…紫さんは男の背後を取っていた。
自分「(さすが紫さんだ…二手に分かれて何かあったら挟み撃ちと言うことか…)」
ということで安心。
男に色々と質問責めされたが黙殺。

すると男は去った。
代わりに、用心棒らしき男二人がやってきた。
その男二人というのが、いずれも某ジャニの某タッキーレベルの超絶美青年。
…しかし中身はかなり劣悪だった。
男「おい、てめえ、はっきり物を言えよコラ」
自分「(紫さんが背後を取ってくれてるからな…)」
男「おいコラ、どんな目に遭っても知らないぞコラ」
自分「(よし、紫さんも居ることだし今回は鷹爪の練習につかわせてもらうか)」
ということで鷹爪の身振り。
しかし効果は無かった。
自分「(現実でないとは言えいくらなんでも過剰防衛か…)」
という躊躇が主原因。
男「あん?テメェ何やってんだ?」
自分「(紫さん…そろそろアクションを…まあ自分で反撃しても構わんがまだ打撃で反撃するには早いしな…)」

男達、ガン付けてくる。
正直相手が美形だとあまり迫力は無い。
真っ向から受け流す。
自分「(紫さん…いつまで待っているんですか…もしや無視…)」

と考えていると、いきなり浴場に落とされる。
先ほどの男二人が浴槽にハマっている。
かなりBLな空気が漂ってきた。
自分もネチョいBLに引きずりこまれそうになった。

と、ここで戻ってくる。
男二人はおらず、紫さんが目の前に居る。
後で考えてみるとどうやらスキマを駆使して助けてくれたようだ。

と、ここでいきなりトーナメント表を見せられる。
紫「今からトーナメント第一試合に出てもらうわ。そこで勝ったら???(アイテム)が入手できるから貰ってきて。…まあ???は別に実戦じゃなくともプラクティスで入手できるけど」
自分「へ?今からって?」

と思った瞬間、山ステージに転移。
相手は…2P魔理沙とやら。
自分「何ぞこの展開…取りあえず投げで決めれば良いのか…?」




というところで覚醒。
現実時間的には3分程度の経過。

何だか人使いの荒い相手とは合うような…

2件のコメント

[C485]

あれ?変性意識無しなのに既に変性意識状態?
  • 2008-07-05 11:54:28
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C486]

前者は「明晰度低」ですね…
ちょっと書き直します
  • 2008-07-05 22:31:27
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/146-f47b2fd9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。