Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C506]

超長期リダンツァーはみんな楽しい体験ばっかしてるよな
中期はなぜか怖い目にあったりすることが多いような……
  • 2008-07-30 23:39:07
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/152-0dad455f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

学校の怪談

久々に一連的な体験が


  7月26日

偽りの目覚め。
ジョジョのアレッシーが部屋に入ってきた。
そのまま浴槽に入った。
嫌な予感がしたので覗いてみると、あの銃を構えていた。
必死で扉を閉めた。
あとで考えるとアレッシー+風呂の組み合わせは…



  7月27日

久々の休日。
一旦眠りに就くや、そのまま14時間ほどは起き上がれなかった。
体験内容も、異常に長かった。
ただし、大部分は特筆事項の全く無いつまらないものだった。
にしてはいちいち思わせぶりなことが起きて引くに引けないというのが…
1度遠くに4頭身のアリスさんを見かけたので呼びかけたがそのまま人ごみに消えた。
終盤は結構動きがあったが非常にネガティブだった。
例えば被虐待女児の保護など…



  7月28日

ヘミを聴かずに入眠。




明晰度低。
気付くと、ATM詐欺師という役をやらされていた。
詐欺相手は女児…
ここで(人間的な意味で)覚醒し、明晰度MAX。
無論女児には今後注意するよう忠告しておいた。

~紆余曲折~

とある廃校舎があった。
その廃校舎を取り壊して再開発しようと考えているグループが2社あった。
そのうち一方に自分は所属している。
さて、2社が視察のためにこの廃校舎内に入る。
自分も単独で入った。

廃校舎内は、昼間だというのに一切の光が差し込んでいない。
深夜2時と言われてもおかしくない暗さ。
(一応自分には視力補正が掛かっているので肉眼でも何とか見える)

そこで、かなり干からびた感じの老人が現れる。
老人「ここは亡霊が住み着いてるから注意しなされよ…フッフッフ」
自分「はあ、そうですか…」
ということで明らかにおかしい存在なのだが気にせず進む。

すると、いきなり怖気が。
この怖気というのは、ワッと脅かされたりおぞましいものを見たりして間接的に湧き上がってくるような怖気ではなく、「怖気」という感情がそのまま直接に自分の心内に流し込まれる感じ。
はっきり言って洒落にならない怖気。
と、周りを見てみると…
首のない死霊が4人自分の周りを囲んでいた。
そして、その近くに先ほどの老人も立っていた。
もうとにかく洒落にならないので、一目散に外へ。

グラウンド。
どうやら他の人も全く同じ状況にあったらしい。
慌しく逃げている。
グラウンドの中央に1機、やや大きめな飛行機が停まっている。
恐らく数十人規模の大きさ。
そしてその飛行機には「Margatroid Co.」と表記してあった。
引き上げ用の機体のようである。
自分「マーガトロイド社?まさか…」
と思っていると、搭乗口からアリスさんが顔を覗かせた。
自分「よし、乗せてもr」
と思いきや、あっという間に発進してしまった。
薄々直感していたが、マーガトロイド社というのはライバル社の方らしい。
自分「つれないなあ…まあ、他社なら仕方ないか。むしろらしいっちゃらしい」
と思っていると、明らかにショボいプロペラ機がやってくる。
恐らく8人程度の定員。
こちらが我が社の機体のようである。
取りあえず乗り込む。
満員になるまで発進を止めていたが、皆走って逃げており、満員にならない。
取りあえず校舎からは完全に人が出たらしい。
自分「他に搭乗希望者は居ませんか~?居ませんね~?はい出発」
と促してようやく発進。

…と思いきや、いきなりイベントが。
エネルギー体のようなもので作られた数十mサイズの振り子が10基ほど回転し始める。
すると、プロペラ機の搭乗者含め逃げ遅れている人10人ほどが全員校舎側へ引き寄せられ始めた。
何故か七夜も居た。
どうやら知らぬ間にエネルギーの糸が各々に巻きつけられていたらしい。
そしてその引き寄せの中心部にはあの怖気エネルギーの集合体が…
もう必死になって引き寄せに抗った。
槍のようなものがあったのでそれを地面に刺しながら意地で逃げる。
何とか気合で逃げおおせた。

~紆余曲折~

自室に戻る。
ここで色々あったが記憶破損。
最後に、亡霊のストーカーがいきなり玄関の扉を外部から開いて追って来た。
慌てて窓から逃げる。
そこに警察が。
自分「どうか、どうか」
警察「来ましたか。ではこちらにどうぞ」
ということで案内された。
警察「実は、我々は前の廃校舎の回から貴方を見守っていました。そこで、これから我々と一緒に…」

と新たな流れに乗れそうなタイミングで覚醒。
ブログに記録をつける。
要約化した上でかつ前半・後半に分けてもなお足りないほどの内容だった。
さて時間的にもう少し寝ることに。




…真の覚醒。

実際は各体験間の内容がもっと長い上に見事に整合性があったのだが…



夏を飾る第1号な感じ

1件のコメント

[C506]

超長期リダンツァーはみんな楽しい体験ばっかしてるよな
中期はなぜか怖い目にあったりすることが多いような……
  • 2008-07-30 23:39:07
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/152-0dad455f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。