Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C510]

これは良い女魔法剣士
  • 2008-08-12 17:10:12
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C511]

>女魔法剣士
まさにそんな感じです
  • 2008-08-13 23:19:14
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/156-1f80ff59
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

強いお姉さんは好きですか

負ける訳にはいかぬのだ


  8月10日

気付くと、見知らぬ近代風街並み。
そこで、猫っぽい少女を見かける。
このとき、この少女のことを前からよく知っていると認識。
そのまま後を追ってみる。

延々と駆け抜けて、最後にグラウンドのようなところへ。
追いかける。
すると、下卑た男達が少女のもとへ走っていった。
これは危ないということで急いで先回り。
少女を抱えて逃走。
抱えながら走っているだけに、すぐに男達に追いつかれる。
ここで、場に流れた力を使って効果発動。
男達が自分たちとは反対側方向へ向かい始める。
少女「あれ?どうなってるの?」
自分「ああ、あれか。あれはリーゼロッテ(アルカナ)やらミヅキ(サムスピ)の技みたいに移動方向を反転させてるんだ」
少女「へぇ~、すごーい」

ここから先は記憶に無いというより記憶する気も無く記録もしていない。
…少女のパーソナリティについては、その時には非常に親しみのあるものであったが覚醒した瞬間に全て吹っ飛んでいた。




  8月11日

ヒロイン的なお姉さんと共に行動している。
このお姉さん、前から面識のある感じで親しみがある。

さて周囲の雰囲気は完全リアル三次元のMMORPGと言った感じ。
場所は、どこかの半島の海岸線。
ここに、異常に強いボスとやらが居るとのこと。

お姉さん、近くに居た知人から剣を2本取る。

姉さん「ここのボスは私では歯が立たなかったのよね。そこで、あなたをテストさせて。もしこの私に貴方が勝てないのなら結果は同じでしょうから」
自分「相性の問題もあるから一概には言えないとは思うが…分かった」
と言うことで1本剣を受け取り戦闘開始。

取りあえず自分は剣を前方にちらつかせるだけで当て身モードに移行。
姉さん「それじゃあ行くわよ」




消えた。
次の瞬間、「剣を突きつけられているという結果」のみが存在していた。
催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


当て身的に100%防御的に構えていたにもかかわらず。
最早何の弁明の余地も無い、完全完璧な敗北だった。
このように抵抗のチャンスすら与えられない完敗は初めてかもしれない。
姉さん「一本」
自分「…はい、相性も何も関係無しに無理です」
姉さん「さて、他のところに行きましょうか」
自分「はい」
ということで移動。

後で気付いたが、実際寸止めせずにそのまま攻撃してきた場合はどうなっていたのであろうか。
意外とこちらの装甲を破れるだけの火力は無いのではないだろうか。
…いや、勝てる気が微塵も無い。
そもそもこちらから触れられるかどうかすら分からない。


街やら何やらを移動していく。
途中で山崎(餓狼)に絡まれたがお姉さんに軽くいなされていた。

目的地に到着。
ロマサガ2のラスダン風水路といった感じ。
そこに悪の根城があるらしい。

ダンジョンを進んでいく。
敵に全くエンカウントしない。
多分お姉さんが強すぎるためであろう。

さて、2本の水路に接続した空間に到着。
ここが最終地点である。

  ┏━━━水
水┛ 空 ┏路
路━━━┛

こんな感じ。

さて、敵方登場。
女大将とやらが現れた。
いきなり戦闘開始。
…よく分からないままに気付くとお姉さんが勝利していた。
自分は浮遊した状態で傍観いや傍観すら出来ていなかった。

続いて、番長とやらの男。
お姉さん、洪水的なものを発動。
(ユダ様のダム決壊?)
それをそのまま番長にぶつける。
そこから更に直径5mほどのブリザガ的なものも発動して追撃。
それだけで番長は沈んだ。
自分は浮遊した状態で傍観しているだけだった。

最後に、番犬とやらの男。
もう勝負になっていなかった。

この後、覚醒。
覚醒後、見事なまでにお姉さんのパーソナリティの記憶が綺麗さっぱり白紙状態になっていた。
ただ、黒髪だったような…




チートな強さの相方に闘ってもらうというのも手…
ではあるが自分の場合は他人に頼るのが   なので出来れば…
が、一般的には有効な手である。
(そのような存在の有無という前提で引っ掛かるが)

それにしても相方的存在としてはここまで強いお方は今まで…
というよりそもそも他人との共闘ということ自体ほとんどやらない。

普通こういう展開では片方が前衛に特化してる代わりにもう片方が後衛に特化してるというのが定石なはずが…
ここまで剣術・魔法の両面で上回られると笑うしかない。
出来れば更にお手合わせ願いたいところ

2件のコメント

[C510]

これは良い女魔法剣士
  • 2008-08-12 17:10:12
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C511]

>女魔法剣士
まさにそんな感じです
  • 2008-08-13 23:19:14
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/156-1f80ff59
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。