Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C517]

他の惑星系からの注目…次元上昇…サマーランド…
  • 2008-08-25 04:55:01
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C518]

体感時間どれくらいなの?
  • 2008-08-27 00:11:09
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C519]

体感時間は基本的に一定程度を超えたら全く当てにならないですからね
記憶破損部分も含めると更に曖昧なものになりますので
それ以前に体感時間の如何が何かしらの意義性を持つとは個人的には考えていません
  • 2008-08-27 00:31:28
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/159-1bbac66a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ステージ1→ステージ2

かなり長いが真の本編は終盤から


  8月23日

黄金パターン。
疲労・眠気が非常に蓄積しているが意識は鮮明という状態で入眠。
今日は確実に来るな、という確信が既にあった。



 ~記憶破損~

 ~記憶再開~
そこは、町。
自分は何かの組織に追われている。
どうやらお尋ね者的な感じ。
男が一人追いついてきた。
自分「北斗羅漢撃!」
無数の速い突きを繰り出す…
が全くのノーダメージ。
自分「やっぱりか…こういう連打系の技はアニメ・ゲームで見てたら強そうに見えるけど実際使ったら一発一発が全てカス威力になるんだよな…」
ということで普通に投げ。

さて、町には高度5mほどのところにロープが張られていたのでそこを伝って移動。
追っ手は地上にいる自分以外の標的ばかり追っている。
…と、ここでヒロイン的存在が現れる。
前から結構面識がある感じ。
(相変わらずパーソナリティの記憶が綺麗に切り抜かれている)
ヒロイン「もう逃げられないわ!観念しなさい!」
と地上から追ってきたので取りあえず逃げる。

ヒロイン、細い棒状のものを持って地上からこちらを突いてくる。
自分はそれを軽々と手で掴んで相手から奪う。
ヒロイン「掛かったわね!」
ということで間髪入れずに今度は丸太で突いてきた。
…が、蚊が刺す程度のダメージですらない。
それだけの丸太を片手で操る辺りポテンシャルは高いのだろうが…

取りあえず相手にならないので地上に降り立ってみる。
自分「で、何の用なのか」
ヒロイン「貴方を追うのが指令なんだけどね…本当は私も貴方を傷つけたくないの。そこで…貴方、私たちの組織に入らない?」
自分「ああ、良いよ」
ヒロイン「えっ!本当?良かった~これでもう貴方は追われる身にならなくて済む」

ヒロイン「ところで…ねぇ?」
自分「ん?」
ヒロイン「その…あの…良かったら…私としない?」
自分「それをしなければならない合理的理由は何か」
ヒロイン「もう…良いわよ…」

ということで政治組織のようなものに加入。

 ~記憶中断~

 ~記憶再開~

敵本部に潜入するミッション。
ヒロインと自分の二人で行なう。
まず一箇所の警備員を足止めしておいてそこから隙を突いて突破するとのこと。
ということでヒロインが警備員と話しこむ。
何故か世間話的なもので随分と盛り上がっていた。

さて、自分の出番。
話によると警備員は2,3人ほどとのこと。
早速飛行で…

…100人というレベルではなかった。
ここで戦国無双をやってしまうとミッション失敗確定なので退避。

…退避したと思ったら、いつの間にか大寺院に居た。
高さが数百mほどもある超巨大ドーム。
どうやら敵方の本拠地に取り込まれてしまったらしい。
人が非常に多い。
何故か神奈子さんと諏訪子さんもいた。

どうも既にこちらの存在は捕捉されているようなので飛行で引き続き退避。

…ここで小人が飛行で追いついてきた。
一枚の写真を渡してきた。
写っているのは味方組織所属の4人の(面識のある)男。
写真を渡すと、小人は去っていった。
小人「凌遅ノ刑!凌遅ノ刑!」
と叫びつつ…
自分「凌遅?嫌な予感が…」
と思いつつ飛行。

…していたがいつの間にか囲まれていた。
逃げ道は…無い。
そこで教祖と思しき坊主頭がやってきた。
教祖「初めまして、貴方の噂は聞いていますよ。」
自分「…」
そこで、部下が先ほどの味方組織の4人を連れてきた。
教祖「ところで、もしよろしければ我々に貴方の知っている事をご教授していただけませんかね」
自分「(なるほど、人質を連れてきた上でスパイになれと脅しているわけか…そして断ったら人質の4人を凌遅ノ刑、と)」
教祖「いかがいたしますか?」
自分「分かりました、負けを認めましょう」
教祖「ありがとうございます。では取りあえず彼ら(4人)は行ないの悪さについて処分しておいてください」
自分「(凌遅は避けられたか…)」
教祖「それでは早速一つ聞きますが、ジャガイモのコストを下げるにはどうすれば良いでしょう」
自分「自分の出身の日本ではむしろ農業の単位あたり生産コストは高いので参考になれません(というか専門家に聞け)」
教祖「おお、そうでしたか…では今日はこのくらいで帰って良いです」
自分「はい、分かりました(凌遅を持ち出して脅迫しておきながら今更toleranceの精神とは恐れ入った…)」

ということで大寺院から去る。


さて、雑多な街並みを当ても無く飛行。
すると味方組織本部内の学校に到着。
そこにヒロインと仲間3人ほどが居た。
ヒロイン「あっ!丈夫だった?」
仲間「どうしたんだよ…」
自分「すまないが、これ以上ここに居るわけにはいかないから去る」
仲間「なんでだよぉ…」
自分「これ以外に選択肢は無い」




と、ここで世界変動。
いきなり自分・ヒロイン・仲間が次元の狭間的なものに入り込む。
そこは、バスのような空間。
だが床・側面の全面が閉鎖されている。
天井を見てみるとハッチのようなものがある。
そこから上に上がってみる。
すると、そこもまた全く同じ構造の閉鎖空間。
そうして延々とハッチを上がり続けた。
(筒井の夢の木坂の深層に潜る部分の逆バージョン的な感覚)

数十回ほど空間を上昇した時点で再び次元が変わる。



そこは…
表現できない。
が、敢えて表現してみる。

バスの中。
周囲は近代的街並み。
車道の幅約200m。
しかしそのどれもが原子レベルで緻密・精密度が極まっている。
歪みであるとか不完全であるとかいったものは皆無。
全ての要素が精巧で、雑さは微塵も無い。
世界の名所もここと比べればゴミ捨て場同然。
何もかもが調和している。
近代的街並みと言っても夾雑さ、騒々しさは欠片も無い。

…意識して書かなくとも自然と「どこぞに書かれていた記述」そのままになってしまっている。
というより、むしろ文章化するとこのようにしか書き様が無い。
まさに「体験者にしか分からない」世界。

さて、バス内部。
乗客が10人ほど乗っている。
その誰もが純正の温和さ・素直さ。
負の精神的要素が欠片も感じ取れない。

うち一人が話しかけてきた。
乗客「地球から来たのですか?」
自分「はい、そうです。」
乗客「そうですか…実は今我々の世界は地球を特に観察しているのです。きっとそれでこちらへ繋がり易くなっていたために来られたのでしょう。」
自分「なるほど、となると自分たち地球人はこの世界では観察対象、と」
乗客「いえいえ、そんなことはありません。こちらに来てしまえば地球人などという区別など全くありません。皆ここでは同じです。」
自分「なるほどそうですか…」
乗客「もしよろしければ私の家に泊まりませんか?来て間もないのでお困りでしょう」
自分「はい、ありがとうございます」



と言う辺りで惜しくも覚醒。



地上パートがアバタールチューナーのステージ1のような印象が。




終盤パート…
思うところ・考えるところは山ほどある。
が、敢えて書かない。

3件のコメント

[C517]

他の惑星系からの注目…次元上昇…サマーランド…
  • 2008-08-25 04:55:01
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C518]

体感時間どれくらいなの?
  • 2008-08-27 00:11:09
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C519]

体感時間は基本的に一定程度を超えたら全く当てにならないですからね
記憶破損部分も含めると更に曖昧なものになりますので
それ以前に体感時間の如何が何かしらの意義性を持つとは個人的には考えていません
  • 2008-08-27 00:31:28
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/159-1bbac66a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。