Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C583]

よくそんな設定を思いつきましたよね。
  • 2009-02-27 21:18:20
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C584]

>設定を思いつき
この主語は「当該ブログ管理者」のことでしょうか?
もしそうであれば、ここはいわゆる創作系・小説ブログでは無い旨伝えておきます
  • 2009-02-27 22:40:07
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C609]

考えてもないのにそんな能力を無意識的に作りだせますよね人間の脳凄い
っていえばいいのかな?
日本語難しい
  • 2009-03-22 18:54:33
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C610]

自分は唯物主義者ではないので必ずしも脳だけの作用とは思いません
ということで『こんな思いもよらない設定が出てくるなんて凄い』という感じの解釈で受け取っておきます

それはさておき、向こう側で得られる抽象的概念というものは本当に現実の一般的発想レベルを超越してます
そのあたりも向こう側での醍醐味ではあります
  • 2009-03-22 21:47:34
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C611]

短期離脱ばっかりですけど
前にとってもきれいな景色を見ました。
ほんと名倉はすごいと思う。
朝焼けや空飛ぶ船や巨大な光輝く建物
誰かに見せたいです。
  • 2009-03-23 18:42:03
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/180-e20d87c2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アル少年との決着(08/11/28-PART2)

PART1からの続き


少年の持つ能力は理解した。
大きく分けると「空間の次元をずらす能力」と「召喚する能力」。
(詳細後述)

さて、ホラー側次元。
少年、再度召喚スイッチ発動。
某ファーストフード店MのマスコットDらしきピエロ…
の全身が青紫とヘドロ色が混ざったような感じで明らかにヤバげ。
目立った行動は無いが威圧感と危険臭は怖気がするレベル。
明らかに人間を何百人か*してきている雰囲気。

…と、ここで少年は空間スイッチを切り替え。
現実側空間へ戻る。
そこは、普通のコンビニ。
一般客も少年も居る。
…件のピエロまで現実側に来ていた。
自分「マズイっ、このままだと民間人が危ない」

ピエロ、のそりのそりと徘徊する。
いつ何をしでかすか分からない。

そこで少年と目が合った。
少年本体の意識が完全に自分の方へ向いた。
…それと同時にピエロの動きが止まった。
というよりも存在自体が希薄になっていた。
自分「(なるほど、意識を逸らせば…これはチャンスだ)」
ということで話しかける。

自分「君」
少年「何かな」
自分「現実側で召喚スイッチを押すということは、どれだけの無関係な人間の命を奪う事になるかは分かっているだろう」
少年「うん。それが?」
自分「何とも思わないのか」
少年「分からない。僕には人の命より勉強の方が大切。」
自分「そうか」

……

黙って少年の目の前に腕を構える。
自分「チェックメイト。一撃で君の命はなくなる。」
少年「あ…」
自分「君の命が無くなればその大切な勉強すらできなくなる。分かるかな」
少年「…命を奪うというのはこういうことだったのか」
完全勝利。
少年、憑き物が落ちる。
本当はもっと色々と説得をしていたが量が量だけに記憶が残っていない。

少年を誘導しつつコンビニの外へ。
そこは線路の続く鄙びた土地だった。
自分「まだやり直しはできる。これからもしっかりと勉強…いや君にはそれよりも必要なものがある…人生経験。結局は勉強したところで自分の人生経験無しには何も理解できない」
少年「今はよく分かりませんが…頑張ってみます」
自分「それでは」
少年、去る。

…いつの間にか紫さんが隣りに。
紫「上手くだまくらかしたわね」
自分「いやだまくらかしたわけでは…」
紫「なかなかのお手並みだったわ。見直したわ」
自分「まあネゴシエートならば…ただ本当はああいう正攻法でない戦略で勝つのは好きではないですが…」
紫「そうそう、貴方の右手の甲に???を移植しておいてあげたから。」
自分「ん…ていつの間に!」
右手に緑色の穴が空いていた。
正直生理的にキモかった。
そこから妙なマスコット人形らしきものが覗かせていた。
紫「そのマスコットは今度???(理解不能)で使うやつ」
自分「そうですか…それはともかく手の甲に穴を開けてインプラントするというのは…」
紫「これで私と○○(謎)の居る区画まで入って来られるわ」
自分「そうですか、ありがとうございます」
いつの間にか紫さんは消えていた。

さて、続いて中年男性が現れる。
中年「いやあ、素晴らしい説得を見せてもらったよ」
自分「いえいえ」
中年「ん?その右手の緑色は?」
自分「これは先ほど紫さんからインプラントされました」
中年「おお、あの紫ババアか」
自分「ババアと呼ぶなどとは極めて遺憾、極めて遺憾に思います」
中年「まあまあ良いじゃない。ところで、歌舞伎見ていくかい」
と、選択の余地も無く無理やり付き合わされた。
何とも表現のしようのない妙な歌舞伎だった。

その後、意識が曖昧に。


復帰。
赤みがかった殺風景な部屋。
間取りは自室に微妙に近いようだが物が何も無い。
そこに女性が居た。
女性「ところで、さっき貴方が戦った子供、咲夜さんとどんな違いがあったの?」
自分「そうか、外から見たら時間停止してたのと近いのか…まずあれは時間停止能力ではない。次元スイッチを切り替えてその場の空間の次元を操作して現実(ではないが)の次元から切り離してたんだ。次元が違うから微妙に秩序が狂ってたんだ。続いてクリーチャーだが、あれは召喚スイッチというのを使っていた。スイッチを入れると電子のような要素でクリーチャーが構成されてたんだ。向こうから生身の人間には危害を加えられるが逆に人間側からは物理的に攻撃を加えることが出来ない。」
女性「そんな…なら倒しようがないじゃない」
自分「そう。召喚したクリーチャーは物理的に無敵…だがそれを操ってる本人のスペックはただの子供。」
女性「そういえば咲夜さんはスピードとか本人のスペックも高いね」
自分「スピードもパワーもただの子供…だから本人さえ押さえればチェックメイトというわけ。スタンドと似たようなものだ」


と、少年戦を解説したところで覚醒…?




続きは次回


今気付いたが、もしやあの電子生命体はRPG的に言うと物理無効なだけでいわゆる魔法攻撃系は効いたのかも知れない。
あるいはまんま幽波紋か。

右手の穴は本当にキモかった。
今思い出しても鳥肌が立つ。

5件のコメント

[C583]

よくそんな設定を思いつきましたよね。
  • 2009-02-27 21:18:20
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C584]

>設定を思いつき
この主語は「当該ブログ管理者」のことでしょうか?
もしそうであれば、ここはいわゆる創作系・小説ブログでは無い旨伝えておきます
  • 2009-02-27 22:40:07
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C609]

考えてもないのにそんな能力を無意識的に作りだせますよね人間の脳凄い
っていえばいいのかな?
日本語難しい
  • 2009-03-22 18:54:33
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C610]

自分は唯物主義者ではないので必ずしも脳だけの作用とは思いません
ということで『こんな思いもよらない設定が出てくるなんて凄い』という感じの解釈で受け取っておきます

それはさておき、向こう側で得られる抽象的概念というものは本当に現実の一般的発想レベルを超越してます
そのあたりも向こう側での醍醐味ではあります
  • 2009-03-22 21:47:34
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C611]

短期離脱ばっかりですけど
前にとってもきれいな景色を見ました。
ほんと名倉はすごいと思う。
朝焼けや空飛ぶ船や巨大な光輝く建物
誰かに見せたいです。
  • 2009-03-23 18:42:03
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/180-e20d87c2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。