Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C728]

初級者はまずはとにかく色々試してみて手持ちになる能力を見つけるのが良いのかな
  • 2009-09-27 16:14:53
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C729]

>とにかく色々試して
これは特殊能力開発的なものに限らずあらゆる面で言えることだと思います
更に初級者に限らずモンローのような超級者レベルでも大切なことだと考えます
ただ、同時に基本スペックとしてのイマジネーション能力の鍛錬も重要でしょうね
  • 2009-09-28 20:35:56
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/246-aed54548
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ゲル化能力

スキル向上は本当に良いものである


  9月26日

最近寝つきが悪すぎるので、双子氏のDouble Helixを聴いて仰向け寝。
1週目で眠りに就いた。




かなり長い間、意識朦朧状態でさまよっていた。


意識完全復活。
場所は、何かの会議場みたいな感じ。
どうやら政治的な何かの重要な集いがあるようである。
ちなみに自分も参加者扱いの模様。
入り口あたりで某オカラさんに話しかけられたがいまいち何を話しているか分からなかった。

さて、入る。
すると、いきなり女秘書っぽい人が名札を渡してきた。
名札には汚い手書きで「出川」と書いてあった。
自分「は…?出川…?まあいいや」
ということで気にせず奥に進む。

運営事務の席があった。
そこでは名簿帳を扱っていた。
自分「ん…名簿…?ということは何かしら点呼をしてるということか。待てよ…あの、すみません」
事務「はい、なんでしょう」
自分「先ほど名札を渡されたのですが関係ない名前が書いてあります。これです。」
事務「これはいけませんね」
自分「何かあるのですか?」

事務の説明は正直よく分からなかった。
しかし自分の何かの資格が剥奪されてその結果体制に悪影響があるらしい。

事務「はい、正式な名札はこちらですね。」
自分「ありがとうございます。……となるとさっきの女はいったい」

その時。
 「ゴラアアアアアアアアアアアアアアアア」
と怒鳴り声が。
自分「何事?」
駆けつけてみる。

と、ちょうど最初の偽の名札を渡して消えた女が立ち去っていった。

そこには、あのフィーゴがいた。
そして周りに5人ほど取り巻きがいる。
フィーゴ「……」
取巻A「クソッ、あの女、フィーゴの足を踏んでいきやがった!」
取巻B「おい、追いかけようぜ」
取巻C「おう」

ということでフィーゴ一行は先の女を追いかけていった。
自分も後からついていく。

建物奥側。
フィーゴ一行、中央階段の上の広場で何者かと対峙している。

とりあえず何か起こりそう。
が、その前に試しておきたいことがあったので試す。

近くにあった厚さ20cmほどのコンクリ隔壁を手のひらで軽く触る。
そして、貫き手を使うときに念じている時の感覚で念じる。
そのまま手で隔壁を掴んで剥がしてみる。

ペロリと軽く剥がれた。
剥がした隔壁は体育マットのような材質に変化していた。

自分「やはりそうか…これで能力が一般化した」
ということで満を持してフィーゴ一行の元へ向かう。
この能力は「ゲル化能力」と名づけた。

広場。
ここで、件の女が所属していた結社の武装グループ数十人が構えていた。
全員銃器装備だった。

フィーゴ「……」
取巻A「チッ、銃かよ…」
取巻B「だが好きに暴れられそうだ」
取巻C「しかし動けねえ…」

自分「ふむ…この隔壁を盾に突破するか…いやゲル化してしまったから防御力は怪しい…て、そういや自分は銃くらい軽く操作出来たな」

ということで単騎特攻。

連中、自分に向けて一斉射撃。
しかし全ての射撃の軌道を外した。

そのまま一番前に居た男の首筋に一本指を当てる。
ゲル化能力発動。
そして一本指を突き刺す。

…完全に首を貫通した。
指を抜く。
抜いた跡は、黒く穴がポカンと空いてるだけで出血も何も無かった。
男は糸が切れたように倒れた。

フィーゴ一行、この機に乗じて突撃開始。

この後は乱闘だった。
自分は一本貫き手で音も無く次々と倒していった。

最後、ボディビル時代のシュワルツネッガーとタイマンという辺りで覚醒。






ゲル化能力について。

これまでは「貫き手を使って念じると人体を貫く」という限定的な能力だった。
ここで、貫く時のあの「生ぬるいコンニャクか何かのゲル状物質を通るような感覚」のイメージを独立させた。

そして今回、「手で触れた人体・物体をイメージ一つでゲル状物質に変化させる」という能力への一般化に成功した。
これを元の貫き手に当てはめて説明すると、「貫き手を当てる→触れて念じることでゲル化能力発動→貫く」という寸法である。

これで応用範囲が飛躍的に拡大した。
今思いつく限りでは壁抜け、戦闘etc…
更にここからゲル化した物質の形質変換も出来る可能性もある。


このように、現時点の手持ちのスキルの要素を分解したり一般化したり組み合わせたりすることで比較的簡単に能力の幅を広げることが出来る。

逆に言うと、全く新規の能力の習得は非常に難しいのだが…
それも実は手持ちのスキルの応用が効く可能性も無きにしも非ず。

2件のコメント

[C728]

初級者はまずはとにかく色々試してみて手持ちになる能力を見つけるのが良いのかな
  • 2009-09-27 16:14:53
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C729]

>とにかく色々試して
これは特殊能力開発的なものに限らずあらゆる面で言えることだと思います
更に初級者に限らずモンローのような超級者レベルでも大切なことだと考えます
ただ、同時に基本スペックとしてのイマジネーション能力の鍛錬も重要でしょうね
  • 2009-09-28 20:35:56
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/246-aed54548
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。