Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C91]

鬼の手の次は鬼の牙だな



名倉人をZQ(ry
  • 2007-08-10 00:31:03
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C92]

>名倉人をZQ
肉は苦手なので体液をちゅうちゅう啜るくらいでご勘弁
  • 2007-08-10 12:50:40
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/27-1db2326a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ルナリア鬼手旅ギルダス

方法云々よりも何よりもまず静かな環境の確保こそが大切ということを改めて思い知る今日この頃。

というわけで夢日記
  8月8日 夢

夢。どこかの学術施設。自分の隣りに月光のカルネヴァーレのルナリアが張り付いている。
原作と違ってトゲが無く、ツン状態でもかなりデレデレになっている。

そして、今からルナリアと他数人とともに車でどこかに向かおうとしている。
というわけで自分とルナリアは後部座席に座る。
その間、ルナリアはこちらにべったりと寄りかかっていた。

しばらく他愛無い街並みをドライブ。その道中で自分とルナリアが所用あって二人で買い物に。

買い物から帰ってくると、先ほどまで乗っていた車が勝手に出動してしまっていた。
つまり、二人は置いていかれたのである。

というわけでルナリアと共に二人でぶらり旅。
その間中もずっとルナリアはこちらにしな垂れかかっていた。

しばらく歩いているうちに、いつの間にか目的地と思われる場所にたどり着く。
入ってみると、そこは大講堂のような縦長の階段教室であり、ほぼ満員である。

自分とルナリアは、辛うじて空いていたほぼ最前列の席に並んで座る。
そんな衆人環視の中でルナリアは隣に居る自分に真正面から抱きついてきていた。

これとほぼ同じストーリーをもう一度繰り返した。
もしかすると更にもう一回体験したかもしれない。


正直原作のルナリアはあまり好きではなかったが、ここまでトゲが無ければ悪い気持ちはしなかった。


夢。中学校の校舎っぽい建物の3階っぽいところの廊下っぽいところ。

目の前にかなり大き目の男子が2人いる。その男子2人が第三者に対して人道に反した言動を発する。

それを聞いて、自分は憤りのあまり実に久方ぶりに暴走モードに入る。←つまりキレた

無意識のうちに両腕に強化の念を送る。
その瞬間、両手が鬼の手のように剛体化する。
(鬼の手と言っても某地獄先生の様なものではなくもっと人間っぽい形態)


そしてその鬼の手を使って、右手に一人の首、左手にもう一人の首を掴んでひたすらに壁や床などに叩きつける。
普段の夢での腕は、強化どころかまともに力すら入らない状況が多いのだが、この時は間違いなく超絶的に強化が施されていた。
大の男を片手で掴んでいるにもかかわらずぬいぐるみを持っているかのように軽く感じる。
それでいて、叩きつけるときの衝撃はかなり凄まじかった。

しばらくそうしているうちに2人ともボロ布のようになって動かなくなったので3階の窓から外に捨てる。
そのあたりで目が覚める。



いくら夢とはいえ短絡的に力に頼った己の弱さを心から悔いた。
(と言いつつも、今後戦闘に巻き込まれたときに自衛の為にこの力を使えたらかなり便利だろうな…)

先の夢での憤りを鎮めるために再び入眠。

夢。あちこち家族旅行をしている。長すぎるのでカット。


夢。殺人事件の容疑者の洗い出しに加わる。
それも警察の実務的なものではなく、思いっきり推理小説風の展開である。
あまりに状況がゴチャゴチャしているのでカット。
(というより複雑すぎて忘れた)


夢。タクティクスオウガ世界。目の前に、2.5次元ではなく正真正銘のSFCの2D画面が広がる。
自軍は人間系の混合部隊。
対して敵軍は、ギルダス率いるモンスター部隊。

しばらくオートで戦闘が続く。

そして自軍のホークマンの番に。
するとそのホークマンが敵軍に対して説得コマンドを実行する。

実行したのだが、どうやらその説得の際のセリフはプレイヤーである自分が自分の言葉で言わなければならないようだ。

というわけで、以下演説。細かい言葉遣いまでは覚えてないので大体の内容を。

自分「我々は戦闘を主目的としているのではない。我々はこの地に和平をもたらすために活動しているのだ。その目的の達成が果たされるのであるならば、可能な限り無血で行なわれるのが理想なのだ。―ギルダス殿よ。どうか我々の理念の為に協力してはもらえまいだろうか。もし今すぐにモンスター部隊を放棄するならば我々はギルダス殿を反逆者ではなく正統たる騎士として待遇させていただこう。」


ギルダスは一つ返事で了承した。


と、次の瞬間、いきなり2D画面が消えて酒場の場面に。
この酒場では先のSFCクオリティと違って2.5次元である。
そして自分にもある程度の五感が備わっている。

ここで、目の前にギルダスがいることに気付く。
やはり凄まじく漢らしかった。

そして何より、鎧が格好良かった。
思わず手を触れてしまったが、硬質感がかなりリアルであった。

このあたりから記憶破損。

そして離脱フラグも無く出眠。


  8月9日

夜中→朝のパートは熟睡。
夕方に本家ゲートウェイ2巻#1を聴く。

意識が完全無心状態まで至るも同居人の騒音に起こされる。

これを3回繰り返した。


夜中~朝の段階で自力チェーンアラームが発動してくれればな…

2件のコメント

[C91]

鬼の手の次は鬼の牙だな



名倉人をZQ(ry
  • 2007-08-10 00:31:03
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C92]

>名倉人をZQ
肉は苦手なので体液をちゅうちゅう啜るくらいでご勘弁
  • 2007-08-10 12:50:40
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/27-1db2326a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。