Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C831]

喧嘩は強いけどリアルファイトは弱いってタイプですな。
  • 2010-10-31 12:14:32
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C832]

姑息な手段への対応が甘いというのもありますが、
恐らくソロプレイ用の動きに特化し過ぎているのが一番の原因です
  • 2010-11-05 00:36:29
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/289-1d438de4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

眠い眠い


  2010/10/29

前日がほぼ徹夜状態だったので、まさに死んだように寝た。




大部分の記憶が無い。

いきなり記憶が再開。
学校のような場所。

遠くで滅茶苦茶デカイ何かの塊があった。
雷などを巻き起こしており、やたら禍々しい気配を発していた。
校舎内、パニック状態。

ここで、折角なので何か遠隔攻撃でも使えないかと色々と試してみた。
しかし何も起こらなかった。

遂に校舎の側まで来た……

自分「(これはヤバい…何百メートルくらいあるんだこれ…相手にならないし離れるか)」

飛行で外へ。

屋上にアリスさんを見つけたので、手を伸ばして連れて行くことに。

視界がやや漠然としてきた。
自分「あのー…」
アリス「何?」
自分「中身、入ってる?」
アリス「ええ、あるわよ」
自分「そうか…なら、今自分がやるべきことを教えてくれないか」
アリス「あそこに降りて」
自分「ん」
アリス「あれよ、あれ」

指した先には、謎の漆黒のモニュメント。
とりあえず言われたとおり降りてみる。

すると、何やら別の次元に飛んだ。



そこは、魔界っぽい次元にある超高層ビルっぽい建物の上層階のようである。
そのフロアの主人が居た。

どうやら、何かの戦闘大会を開いている模様。
参加してみる。


初戦。
先程のモニュメントから流れ着いたっぽい一般人集団が十人ほど。

主人「はじめ」

今回は、右腕全体をブレードのように構えてみた。
(ただし斬撃等の類は全く無く、いつも通りの貫手を貫く攻撃だった)

自分「さあ、どんな武器を使っても構わない。全員来い」

挑発に乗って全員がこちらに攻めて来た。

ここで普通に全員の攻撃を制御できただろうが、今回は普通に動きまわってみた。
そうすると相手の隊列が崩れるので、射程圏内(数十cm)に迫ってきた相手を一人一人捕まえて貫手で沈めた。
今回は能力のキレが悪く、やや生々しい傷跡を残してしまったりした。

しばらくして全員倒した。


第二戦。

相手は、滅茶苦茶強い手練と言われる男。

自分「(まあ、タイマンなら負けることは無いだろうし……掴めば勝ちだな)」

主人「はじめ」

早速接近を試みたが、男は逃げた。
再度追ってみても、やはり男は逃げるばかり。
自分「(手練なだけにこちらの能力は把握してるか)まあそのまま逃げ続けていれば良い。」

その後も逃げ続ける相手。

自分「(相手はいつ攻撃に転じるんだ…?それとも本当にこちらへの手の出しようが無いだけか…?)」

男の動きが鈍った。

自分「もらった!」

急接近…

が、自分から接近を止めた。

男がその辺のギャラリーに居た少女の心臓部分に手刀を構えている。
男「クックック…」
自分「(そのまま突撃すれば一撃で決められる…が、時間的に少女は殺される。操作が確実に効く保証も無いし…)」
男「お前は優しすぎる」
自分「負けだ」

手段が邪道とは言え、完全敗北だった。

その後の記憶は曖昧だが、当てもない放浪だった。




単なる「力」と「何かを守る力」は別、ということを改めて痛感した。

2件のコメント

[C831]

喧嘩は強いけどリアルファイトは弱いってタイプですな。
  • 2010-10-31 12:14:32
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C832]

姑息な手段への対応が甘いというのもありますが、
恐らくソロプレイ用の動きに特化し過ぎているのが一番の原因です
  • 2010-11-05 00:36:29
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/289-1d438de4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。