Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/295-4c02686a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

vsアヌポル(目前の問題)

現実寄りと変性寄りの中間が良いなあ…


  2010/12/11

体調が悪くて何も出来ないので、ゲートウェイのフリーフローF12を聞く。

F21のガイダンスに入る前に、意識が落ちた。



意識の落ち具合が深すぎて、意識の認知もコントロールもまるで安定させられなかった。

覚醒に向かおうとする段階で、意識のコントロール権が完全に復活。
しかしもう向こう側には居座れない…

自分「(次の瞬間、自室にもどるが、これは絶対に絶対に現実ではない!!!!)」
と全力で宣言。



自室。
視覚があまり効いていないが、部屋に、本来居るはずのない鳥が居る。
自分「(決まった!!!……ああ、身体が強烈にだるいモードか…でも何とか起きないと…)」

と苦戦しているうちに、よく分からない変性意識状態へ意識がフォーカス。



自己の身体も込みで、完全に向こう側に入った。

とある王国。
何かの化物に襲われているようだ。
その王国では、以下の二択を迫られていた。

①何とか追い返せる防衛力さえ整え、被害を最小限に
②全力で突撃する

①を選ぶと、撃退は出来るものの、敵は少しずつ強くなっていく一方らしい。
……この王国では、①を選んでいた。

自分「そんな逃げてばかりいたところで、更に窮地に立たされるだけだろう……今から自分一人で突撃する」


化物、登場。
アヌビス二刀流ポルナレフだった。
憑依されたポルナレフというより、元となる悪しき存在が具現化したものだった。

アヌポル、飛び上がってこちらに向かってきた……


自分「宣言」

周囲の空間(アヌポル含む)が完全に静止した。
(というより、自分の意識世界が静止した感じか)

自分「自分には絶対に攻撃できない。そして、(アヌポルは)一切の身動きが出来なくなる」

宣言終了と同時に空間が動き始めた。


アヌポル、こちらに襲いかかってくる…
が、完全に動きを止めていた。

こちらから跳びかかってアヌポルの首に右手をかける。
自分「発動。」
アヌポルの首の存在を無視して右手を握りしめる。
アヌポルは首と胴体で二分された。

勝利。

しばらくのちに、覚醒。



戦闘からは離れてガチでゲートウェイを始めたところでまた戦闘か…

と思いきや、ある一つの暗示に気づいた。


『目前に迫った問題に対して、その場限りの策を講じたところで根本的解決にはならない。
 むしろ先送りした分、問題はいっそう悪化するのみ。
 目前の問題には、リスクを恐れず、逃げずに、今すぐ向き合うべきである。』

一本取られた、と思った。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/295-4c02686a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。