Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C872]

これは中々・・・・。

次回の体験談が楽しみです。
  • 2011-05-29 11:32:32
  • 投稿者 : 名無しかもしれない
  • URL
  • ◆- 編集

[C873]

楽しんでいただけるのは幸いです
ただ、自分的には、一人でも多くの方が自身で体験を深めていってもらいたいと願っています

P.S.ちょうど更新しようとした時になんとドンピシャなタイミング
  • 2011-05-29 11:53:59
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/319-656c3b55
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

やくそく

郷愁


  2011/05/24

ノンヘミで一通りの訓練をやっているうちに意識が落ちる。




やがて意識完全復活。

今回は非常に長かった。
それよりも、途中の移動やら交通手段やらがスキップなしで、現実さながらに時間が進んだのがおもしろかった。

前半の記憶は持ち帰りならず。


途中で、昔の知人数名と遭遇。
皆で懐かしげなぶらり旅をした。

やがて、帰宅へ。
鉄道も現実さながらだった。

自宅近辺へ。
基本的な区画は現実とほとんど同じだが、建物がカオス化していた。

自宅へ到着。
早速自室に入る。


少し経つと、誰かが訪問してきた。
それは、弟設定らしき10歳前後の少年だった。
偽弟「にーちゃーん、いっしょに来てよ」
自分「今帰宅したばかりでそんな体力は無い」
偽弟「あー!!おとーさーん!にーちゃんがー!」

やがてやってくる、父設定の薄毛親父がやってくる。
偽父「……頼む」
どうやら、先程の少年絡みで何か深刻な問題がある模様。
自分「……」
黙って自宅をあとにする。


ここからは自動車で移動。
この間に、大体の設定が何となく流れ込んでいた。
何やら、世界は近い将来に破滅的状況に陥る恐れがあるらしい。

どこかの店に到着。
ガラス貼りでモダンな外装だが、異常に狭く、また商品もよく分からない謎の物体ばかり。

カウンターに、中年の男が3人居て、1人が店主で2人は相談役的な感じ。

店主「いらっしゃい」
偽父「……頼む」
店主「ああ……分かった。少年、この中から何か好きな物を選んでくれ。」
少年、黙って商品の一つを選ぶ。

それは、ステンレス水筒のようなよく分からない筒だった。
店主「……」
相談役「……ダメか」
偽父「……そう、か……」

設定が流れこんできた。
どうやらこの少年は、未来の破滅的状況の中で救世主たりうる潜在能力があるらしい。
そして、その能力を試すために、無数の品から神器的なモノを当てさせようとしたようである。
店主「それ(少年が選んだ筒)は、塩分だ。」

自分「ん?ちょっと待ってください……何故これを選んだんだ?」
少年「ショッパイものがたべたいーー」
相談役「!?」
自分「これは……」
店主「……うむ」


店主「ところで」
自分「はい」
店主「お前は何が欲しい」
破滅と戦うために何か武器を調達してくれるようである。

自分「そうですね……では、この右腕で」
店主「!!!!」
相談役「なんと!その右腕を改造することになるのだぞ!」
自分「……やってください」
相談役「……分かった。では、右腕を出してくれ」

右腕を出すと、何かよく分からない容器で右腕に何かを注入してきた。
そのたびに、右腕に文字が浮き出てきた。

『あ』


『あの』


『あの日』


ここで、ある特定の世界のことが記憶の奥底の奥底から浮かび上がってきた。
(ただし覚醒状態では検閲を受けたように思い出せない)

自分「『あの日の世界は幻覚』、と言いたいのだろうな……」


『あの日見』


『あの日見た』


『あの日見た世』


『あの日見た世界』


『あの日見た世界は』





『やくそく』



その刹那、完全覚醒した。
これまで散々長い滞在でありながら、狙いすましたかのようなタイミングで強制帰還させられた。



忘却の彼方にある『やくそく』に思いを馳せた。

2件のコメント

[C872]

これは中々・・・・。

次回の体験談が楽しみです。
  • 2011-05-29 11:32:32
  • 投稿者 : 名無しかもしれない
  • URL
  • ◆- 編集

[C873]

楽しんでいただけるのは幸いです
ただ、自分的には、一人でも多くの方が自身で体験を深めていってもらいたいと願っています

P.S.ちょうど更新しようとした時になんとドンピシャなタイミング
  • 2011-05-29 11:53:59
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/319-656c3b55
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。