Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C880] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-06 10:54:41
  • 投稿者 :
  • ◆ 編集

[C881] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-06 11:16:16
  • 投稿者 :
  • ◆ 編集

[C882]

こんにちは 

ということは僕では永遠に解読できない本なのですね

そしてゲートウェイ高すぎて脱糞しますた(^ω^)
  • 2011-06-06 17:57:12
  • 投稿者 : 名無しかもしれない
  • URL
  • ◆- 編集

[C883]

>ゲートウェイ高すぎて
そのように感じる場合は手を出さない方が良いと思います
本当に欲する時期が来れば高いと感じなくなるはずですから

これは折に触れて推奨していることですが、フォーカス等に関心があるのでしたらまずはヘミシンクユーザーのブログ等を参照してみることから始めると良いかも知れませんね
ヘミシンク方面の変性意識は体外離脱とは趣の違う体験の仕方をすることも多いですし
その際、一つの情報ソースに偏らないよう注意が必要です
  • 2011-06-07 21:44:34
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/322-c9d05b66
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『セスは語る』

原点にして頂点



セスは語る―魂が永遠であるということセスは語る―魂が永遠であるということ
(1999/06)
ジェーン・ロバーツ、ロバート・F・バッツ 他

商品詳細を見る


ジェーン・ロバーツがトランス状態に入った時に現れてくる「セス」なる人格存在が語った著書。

語られる分野は極めて広範。
量子論的な多次元宇宙論・物質論、心理学、神学、輪廻論から
意識、夢、体外離脱に至るまで……

そして内容は非常に深遠。

ただし、表現の正確性を最重視しているようで、分かりやすさ・平易さといった点は皆無。
自分的には難解過ぎて何を言っているのか分からない部分が何箇所もあった。

その代わり、非常な難解さにめげずに読み進めていけば、得るものは無限に広がるであろう……
といった著書。
世界中で名著とうたわれるに値する著書であると個人的には感じた。


一箇所、変性意識探求において自分的に非常に使える箇所を紹介。
※該当箇所を探すのが困難なので、引用ではなく自分なりの解釈で表現

まず、自分の前後に自分が無限に連なっている情景をイメージ。
この無限に連なっている自分の全てが、自己の意識である。
より後ろの自分が、より内側・より深い無意識に近い意識状態を表している。
もちろん、後ろの自分は前の自分を見ている。

変性意識とは、より後ろの自分にシフトをすることである。


こうした解釈は、自分的には非常に有用であった。
(注:このような分かりやすい記述箇所はむしろ極少数)


本書は非常に難解な理論を展開していくが、自分としては意識探求における実践書であると考える。



……もしかすると、難解な科学書やハードSFを好むような層にこそ合っている本なのかも知れない。

4件のコメント

[C880] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-06 10:54:41
  • 投稿者 :
  • ◆ 編集

[C881] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-06-06 11:16:16
  • 投稿者 :
  • ◆ 編集

[C882]

こんにちは 

ということは僕では永遠に解読できない本なのですね

そしてゲートウェイ高すぎて脱糞しますた(^ω^)
  • 2011-06-06 17:57:12
  • 投稿者 : 名無しかもしれない
  • URL
  • ◆- 編集

[C883]

>ゲートウェイ高すぎて
そのように感じる場合は手を出さない方が良いと思います
本当に欲する時期が来れば高いと感じなくなるはずですから

これは折に触れて推奨していることですが、フォーカス等に関心があるのでしたらまずはヘミシンクユーザーのブログ等を参照してみることから始めると良いかも知れませんね
ヘミシンク方面の変性意識は体外離脱とは趣の違う体験の仕方をすることも多いですし
その際、一つの情報ソースに偏らないよう注意が必要です
  • 2011-06-07 21:44:34
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/322-c9d05b66
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。