Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C121]

三次元に対してまたしても非常に非情なあずき先生に痺れた憧れた
  • 2007-08-21 17:32:12
  • 投稿者 : 小野妹子
  • URL
  • ◆- 編集

[C122]

不覚にもおっきした
  • 2007-08-21 19:56:47
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C123]

検閲多くてワロタ
  • 2007-08-21 22:59:29
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C124]

焦らし上手だなぁ
  • 2007-08-22 00:52:55
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C125]

とーりんいい奴www
  • 2007-08-22 01:11:52
  • 投稿者 : 阿部がパートナー
  • URL
  • ◆- 編集

[C126]

「この後、原作でも大好きだった透琳を惚れ直したのは言うまでもない」(ナレーター風に)
  • 2007-08-22 06:09:51
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/34-b9ddd043
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

襲われ受け

嗚呼、何ともはや
(R18)


  8月19日 夢

夢。何かしらの決闘前日。自分が国の代表のようだ。
ここでマイクが渡されたので、悪ノリで心にも無いことを宣言する。

自分「明日の決闘に勝利した暁には、国王の娘にプロポーズをします!」
一同「ヒューーーーーッ!ヒューーーーーーーーッ!」

これを聞いて国王がこちらに向かってくるのだが、顔が戦国ランスの真田透琳をヤクザの親分にしたような感じで、身長が2m50cmくらいある。
正直本気で何をされるか分からないと思っていた。

その2m50cmが目の前に立ちはだかってこちらの両肩を上から掴んでくる。
そのまま捻り潰されるかなと思っていたところで一言
国王「明日の勝負は、どうか頼みましたよ」

いい人だ。

場面は変わって夜中。自分はひとり窓際に佇む。
そして指から白い糸を出して夜空に放っていた。

そこで、誰かが部屋に入ってくる気配が。
振り向くと、そこには2.5次元のちょっと気の強そうな超絶美少女がいた。確か髪色はライトブラウン。
どうやらこの美少女は、さきの国王の娘のようだ。

何をしに来たのだろう…と思ってみていると、突然美少女が何かの刻印を指先で切り始める。

その直後、自分の全身が黒い電流のようなもので覆われ、全く身動きがとれなくなった。
どうやら封印の術のようである。
自分「こっ、これは…下(くだ)りの術ッ!これから何をしようと…」

こんなタイミングで記憶破損。


  8月21日 夢

前半部記憶破損。

後半部夢パート。

ロイヤルとしか思えないホテルの一室。自分はベッドに寝ている。

すると、いきなり玄関から部屋に何者かが入ってき始めた。
見ると、Tバックっぽい海パン1枚の外人マッチョマンが5,6人ほど入ってきた。
そしてマッチョマンたちが自分のベッドの周りに立つ。

自分「ああ…ついに終わりか…」

と覚悟したところでもう一人誰かが部屋に入ってくる。
黒髪でやや美人の三次外人女性であった。
この女性、口腔奴隷と呼ばれているようだ。

唖然としていると、いきなりその外人女性が目の前でマッチョマン2人に二穴責めをされ始める。
やたら外人女性が上下に揺さぶられている。

自分「(訳分からないな…)」
と思っていると、いきなり外人女性が自分の(検閲)を咥え込んできた。

外人女性は上下に揺さぶられている動きをそのまま利用してこちらに奉仕してくる。
感触的にはかなりリアルだがじれったいくすぐったさのようなものしか感じられない。
自分「正直勘弁してくれないかな…まあ別に危害を加えられてるわけじゃないから別に放置してて構わないか…」

これが1分ほど続いた後にフェードアウト。



記憶再開。
自分は自室に直立している。

ここでいきなり気付く。
2.9次元の美少女が自分の腰を両脚で挟み込んでいることを。
尚、この美少女は自分の実妹という設定であるが、何故か顔が思い出せない。
また、明らかにこちらの(検閲)と少女の(検閲)が服越しに接触していたが、(検閲)には至っていない。
ついで、この時少女は仰向けの状態だったが、一切体の支えが無かったから、少女は浮遊していたことになる。

ここで同居人Aがやって来る。

自分「マズい…疚しいことは何も無いがこのままだとマズい…」
ということでどうにかこの状況を隠すことにする。

そのまま少女と離れるか、二人でどこかに逃げればよいものを、この時には全く思い浮かばなかった。
逆に、二人密着しなければ…という強迫観念が何故か沸いてきた。

ひたすら自分でも分からない何かを隠そうと少女を抱き込む。
ひたすらこちらの様子を伺ってくる同居人A。

緊張の瞬間の連続…ただし少女の感触が柔らかかったので悪い気はしていなかった。

1分ほど少女を抱き込み続けた後にフェードアウト。



夢にしても明晰夢にしても離脱にしても自分はよく襲われてるような…
夢の場合はこれが明晰夢フラグにでもなってくれればプラスなのだが…

6件のコメント

[C121]

三次元に対してまたしても非常に非情なあずき先生に痺れた憧れた
  • 2007-08-21 17:32:12
  • 投稿者 : 小野妹子
  • URL
  • ◆- 編集

[C122]

不覚にもおっきした
  • 2007-08-21 19:56:47
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C123]

検閲多くてワロタ
  • 2007-08-21 22:59:29
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C124]

焦らし上手だなぁ
  • 2007-08-22 00:52:55
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C125]

とーりんいい奴www
  • 2007-08-22 01:11:52
  • 投稿者 : 阿部がパートナー
  • URL
  • ◆- 編集

[C126]

「この後、原作でも大好きだった透琳を惚れ直したのは言うまでもない」(ナレーター風に)
  • 2007-08-22 06:09:51
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/34-b9ddd043
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。