Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C127]

名倉は俺らがフロンティアだからなー。
手探りでいくしかないよな。
俺もがんばろ
  • 2007-08-22 12:14:47
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C128]

いいこと言うな
お互い頑張ろうぜw
  • 2007-08-22 13:28:37
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C129]

やっぱあずき先生はすごいな
これからも応援しているぜ^^;
  • 2007-08-22 15:27:49
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C130]

「まったく別の意識世界」みたいなことをスレに書いたような気がするけどそういう別の視点からの解釈があると
この理解も深まる
流石だぜあずき先生…
  • 2007-08-22 15:50:40
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆j7kPgX2Q 編集

[C131]

何だか普通に名倉の住人をやってるみたいだ
もしかしてこれが滞在時間を伸ばすコツなのかな
  • 2007-08-22 17:16:11
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C132]

あずき先生も『意識リセットによる時間延長』を体験したんだな!!
おかげで持論の長期離脱法に信憑性がついたかな。


俺の場合自発的にリセットする為に『睡眠(気絶?)』という形をとるけど、
あずき先生も同じ方法をとるとは限らない。
自身に最適な手段でリセットや記憶操作をしてみて欲しい。
  • 2007-08-22 19:49:08
  • 投稿者 : 小野妹子
  • URL
  • ◆- 編集

[C133]

俺、最近離脱がマンネリしてきたっていうか、行き詰ってたんだが
何だかかなりモチベ上がった
色々とヒントを受け取った気がするぜ大感謝
  • 2007-08-22 20:38:09
  • 投稿者 : 双子finder
  • URL
  • ◆- 編集

[C134]

''One for all. All for one.''ですね

>もしかしてこれが滞在時間を伸ばすコツ
断定は出来ませんがその可能性は大いにあると思いますね。
周囲に溶け込む=深層意識が安定しやすい、ということだと思いますので。
  • 2007-08-22 23:12:30
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C135]

これはいい方法。早速試してみます。
  • 2007-08-23 04:10:49
  • 投稿者 : ドクロ少佐
  • URL
  • ◆- 編集

[C136] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2007-08-23 23:40:20
  • 投稿者 :
  • ◆ 編集

[C137] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007-08-23 23:43:17
  • 投稿者 :
  • ◆ 編集

[C138]

>上2つの非表示さん
全体を完全に把握出来ないので理論部分には直接触れませんがヒントになれば
・上位名倉(上位フォーカス)ではテレパシー的なものを通じて直接思念・記憶の送受信が可能

それと、このページは公開してみてはどうでしょうか。
もしかすると他の人の考察の助けになるかもしれませんし、
他の方の意見があれば自分の考えにもプラスになります。
  • 2007-08-24 00:15:40
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C139]

ここに書いちゃえ!!
名倉世界における送受信部分のことですが、
渡辺世界における因果、因縁、縁起が、
記憶を中心に、同じように体内・・・というか思考、精神内でも
同じように働いているのではないかということです。
その相互の近い記憶によって体内、精神で因果因縁縁起が
起こり、相手の行動、自分の行動に統一性がでるのではないか
この考えは、物理的に相互間で情報が行きかっているのではなく、
スタンドアロンで相互の状態をシミュレーションしている
というようなものであるが、精神はもともと同一のもので
無我であり自我でもある個、全であるのだから
交流は可能であり不可能というような意見に留まったわけです

意味わからないね!!!!
でもいいたいのはそういうこと
  • 2007-08-24 10:28:16
  • 投稿者 : 畳
  • URL
  • ◆j7kPgX2Q 編集

[C141]

上書きながら思っていたんだけど
間違いなく上の分は精神に近い性格
所謂ガイドに近い性格が書いたような感覚があった。
これは間違いない。
>>はガイド、精神と接近したがために
いきなり敬語になったに違いない
これは確信がある。記事内容にあまり関係ない
ようなことばかり書いてすみませんスレに戻ります
ありがとうございました
  • 2007-08-24 10:45:06
  • 投稿者 : 畳
  • URL
  • ◆j7kPgX2Q 編集

[C144]

その抽象レベルの高さは…
もしかすると何かしらのインスピレーションを受けた、とも考えられなくも無いですね
  • 2007-08-24 11:24:51
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/36-0e54e565
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

世界が、変わる ~後編~

閉所恐怖症泣かせの前半部からの続き。


刑務所で出会った妙な触手生物との決別の意を示した後に意識フェーズ切り替え、ブラックアウト。



五感回復。
目の前で、とある女性が何かの番組撮影を行っているようだが記憶が思い出せない。
(記憶については後述)

しばらくして、どこかの食品会社の前に行き着く。
どうやらこの食品会社のタイアップ(?)番組のようだ。
外人の社長が出てきたが、多分アメリカの名門私立大学(大学名失念)卒とあった。
適当に英語で社長が喋っていたようだが記憶が曖昧に。



記憶再開。(今現在滞在している)自室。
前編での迫害を受けている設定が更に膨らんで、どうやら自分はここでは全国的に指名手配を受けている設定になっている。

適当に行動していたが記憶破損。

記憶再開。同居人Bとともに見たことも無いような機械が並ぶ一室に居る。
どうやらこれらの機械は古代コンピュータとやらのようである。

ここで同居人Bが古代コンピュータの前に立って、キーボードを叩き始める。
キーボードと言っても、何か得体の知れない記号が書かれた石版である。

それに従ってモニタにヒエログリフを更に複雑怪奇にしたような象形文字が打ち出される。
モニタと言っても、やはりこれも石版状らしき物体である。

どうやら今打ち出されている文字絵群は何かの呪術的な意味合いを含んでいるようだ。
また、古代コンピュータによる文字列と言っても横一列に直線状に並んでいるのでは無く、その都度任意の場所に絵文字が打ち出される。

完成したものを見てみると、まるで曼荼羅を全て絵文字を使って書いたような魔方陣が出来上がった。

記憶破損。

記憶再開。カフェテラスっぽいオープンスペース。
地面が見えないほどの人込みなのだが、人々に活気は無い。
というより、何かに焦っている様子である。
ちなみに自分は人込みを避けるために浮遊している。

ここで現れる同居人C。やはり何かあせっている。
話を聞いてみる。
同居人C「従兄弟の亡霊群が背中に…」
自分「なるほど、これは差し詰め霊に憑依された人々が集う烏合の衆といったところなのか」

と納得したあたりで記憶破損。



意識フェーズ自動切換え。ブラックアウト。

五感回復。何やらビルのカウンター前に居る。どうやら自分はここに就職するという設定のようだ。
カウンターには上司らしき40代前後の男性が居るが、ネームプレートにハーバード大卒と書かれてある。

上司「私は如何なる不正をも許さない。たとえ何人(なんぴと)であれども不正を働いた時点で厳重な処罰を下す。…それでも良いのか?」
自分「ええ。むしろその考えには全面的に同意しますね。こちらとしては歯車に徹する所存ですので。」

この後同僚数人を踏まえてこの上司と談話をするが内容失念。
記憶破損。



記憶回復。意識フェーズ自動切換え。ブラックアウト。

五感回復。
どうやら自分はアメリカの刑務所で服役している。
周囲を見渡す。刑務所の施設の外は、一方は市街地、もう一方は地平線まで続く草原のようである。

とりあえず刑務所の廊下を歩く。

しばらくして、袋小路に行き当たる。
…と思いきや、思いっきり刑務所の外と内を隔てる壁が途切れていて、自由に脱獄できる状態になっている。

また、この壁が途切れている部分のすぐ外側に何かしらの店があるのだが、その店の前にマッチョな半裸男性が立っている。
見た感じでは日本人である。
というわけで日本語で話を聞いてみることに。

自分「あのう、すみませんがここって脱獄は自由なのですか?」
マッチョ「確かに脱獄はいつでも好きな時にやって良いぞ。だが、まず無理だろう。何せここにはデスデスちゃんが居るからな。」
自分「デスデスちゃん…?」
マッチョ「ほら、あそこに」

と言って刑務所中庭の堀を指差す。
(ちなみにこの刑務所の中庭には迷路状に堀が作られている。)

マッチョが指差す先を見てみると、堀の中にサメのような深海魚のようないかにもRPGで出てきそうな奇妙なモンスターらしき生物がいた。

はっきり言って、怖い。
自分「(脱獄は)やめておきます」
マッチョ「うむ…」

と言ったところでデスデスちゃんがこちらの存在に気付く。
そして堀の中から地上に上がってきた。
地上に上がった瞬間、デスデスちゃんは黒髪の外人っぽい2.5次元美少女に擬人化された。

ここである策略を思いつく。



そう、デスデスちゃんの心を奪って最終的に二人で刑務所を逃亡するのである。



早速英語でコンタクト開始。
自分「Oh, what a cute you are!(文法ミスに気付いて)―No,no. How cute you are!(なんて可愛らしいんだ!)」
デスデスちゃん「…」

デスデスちゃん、怒って…というより照れ隠しのために地面を何度も足で強く踏む。
だが、数秒後には頬を赤らめてすっかりデレモードに。

この後、英語で適当な自己紹介をする。

デスデスちゃんはすっかりその気になっているようだ。

デスデスちゃん、何やら紙を取り出す。
そこにはデスデスちゃんのパーソナリティが英語で書かれていた。
全項目を読むのはだるかったので適当に単語の拾い読みをしたのだが、ある1行で

Favorite Artist:Nitro plus ○○(失念)BR
(Nitro plus…日本の有名PCゲームブランド)

と書かれていた。
ニトロの虚淵先生大好き人間としては当然見過ごすわけには行かない。

デスデスちゃんが言葉で自己紹介をしていることに気付かないまま訊ねてしまう。
自分「(意訳:ここに、好きなアーティストはニトロプラスとあるようですがもしかしてあなたはニトロが…)」
デスデスちゃん「(意訳:どうかしたの?)」
自分「(意訳:いえ…すみません。)」
デスデスちゃん「(意訳:では話を続けるね。好きなアーティストはアグネス・ラム…)」

自分(アグネス・ラム…?アグネス・ラムってアメリカでも知名度あるのか?いや日本でしか知られていないんじゃないかな…というか何故にアグネス・ラム…)
と考えた辺りで現実に即時強制帰還を喰らう。
※現実時間22日AM11:37時点で思い出したが、この時に先ほどの紙面に書かれていた名前と言葉で告げた名前との矛盾にもツッコんでいた。

時計を見るとAM5:00。


【解説】
・滞在中の記憶については、覚醒後すぐに記憶を反芻した上でノートに書き留めようとしたが、それでも後半部がところどころに記憶破損していた。
・しかし、即時強制帰還を喰らうまさにその瞬間までは滞在中の記憶を一片の隈なく完璧に全て覚えていたことは誓って言える。
・現実での経過時間は不明。ただしこの日はAM1:00頃に入眠したことから4時間以内であることは確実。また、滞在に繋がる入眠の前の段階で3回ほど意識が飛んでいる上に明晰夢化するまでに無意識状態と通常夢を経由していることから実質はもっと短いであろう。
・意識フェーズ自動切換えと言うのは、明晰夢から離脱(偽りの覚醒)に移行する時の感覚に極めて近しい。
・上記体験ではかなり周囲の状況に流されているが、明晰度は常時現実レベルであったことは誓って言える。
【考察】
妹子氏のブログにあるように、やはり向こう側での記憶と現実での記憶では完全に独立しているのではないだろうか。
「離脱(or明晰夢)に成功した」というのは、すなわち「離脱(or明晰夢)時の記憶の現実への持ち込みに成功した」ということと同義なのでは無いだろうか。
・こうなると、「人は毎日離脱している」という仮説も、「記憶の現実への持ち込み」の困難性を前提とすれば裏打ちはできる。
(もちろん証明のしようが無いのでこれ以上の考察は保留しておくが)
・これまでは明晰夢を夢と離脱の折衷・中間という位置づけをしていたが、今回の体験を経て、明晰夢を離脱ベースのポジションと捉えるスタンスに変更。
(更に言うと夢も離脱ベースなのか?…保留)
・恐らく今回の即時強制帰還は、アグネス・ラムの部分を契機に現実世界に意識が向いてしまったがために発動したのであろう。
・ちなみに、今回は意識フェーズ自動切換えは頻繁に起きていたものの、強制即時帰還までは全く現実に戻される気配が無かったし、また現実世界もほとんど意識していなかった。
・以上、いくつかの理論を統合してみたが、いまいちまとまりをつけていない。

※今回の体験から得たことを自分なりにまとめると
・向こうと現実での記憶の完全分離(+「人は毎日離脱している」)
・離脱と明晰夢に明確な違いは無い。(超長期離脱については保留)
・意識フェーズリセットによる滞在時間延長
・向こう側は夢の延長でも現実の延長でも無い完全独立世界と見做す
・現実を意識してはいけない

と、やはりまとまりがついていないがここに書いた乱文が何かのお役に立てれば筆者は幸いである。
…と無理やり体裁を整えて〆てみる。

15件のコメント

[C127]

名倉は俺らがフロンティアだからなー。
手探りでいくしかないよな。
俺もがんばろ
  • 2007-08-22 12:14:47
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C128]

いいこと言うな
お互い頑張ろうぜw
  • 2007-08-22 13:28:37
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C129]

やっぱあずき先生はすごいな
これからも応援しているぜ^^;
  • 2007-08-22 15:27:49
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C130]

「まったく別の意識世界」みたいなことをスレに書いたような気がするけどそういう別の視点からの解釈があると
この理解も深まる
流石だぜあずき先生…
  • 2007-08-22 15:50:40
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆j7kPgX2Q 編集

[C131]

何だか普通に名倉の住人をやってるみたいだ
もしかしてこれが滞在時間を伸ばすコツなのかな
  • 2007-08-22 17:16:11
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C132]

あずき先生も『意識リセットによる時間延長』を体験したんだな!!
おかげで持論の長期離脱法に信憑性がついたかな。


俺の場合自発的にリセットする為に『睡眠(気絶?)』という形をとるけど、
あずき先生も同じ方法をとるとは限らない。
自身に最適な手段でリセットや記憶操作をしてみて欲しい。
  • 2007-08-22 19:49:08
  • 投稿者 : 小野妹子
  • URL
  • ◆- 編集

[C133]

俺、最近離脱がマンネリしてきたっていうか、行き詰ってたんだが
何だかかなりモチベ上がった
色々とヒントを受け取った気がするぜ大感謝
  • 2007-08-22 20:38:09
  • 投稿者 : 双子finder
  • URL
  • ◆- 編集

[C134]

''One for all. All for one.''ですね

>もしかしてこれが滞在時間を伸ばすコツ
断定は出来ませんがその可能性は大いにあると思いますね。
周囲に溶け込む=深層意識が安定しやすい、ということだと思いますので。
  • 2007-08-22 23:12:30
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C135]

これはいい方法。早速試してみます。
  • 2007-08-23 04:10:49
  • 投稿者 : ドクロ少佐
  • URL
  • ◆- 編集

[C136] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2007-08-23 23:40:20
  • 投稿者 :
  • ◆ 編集

[C137] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007-08-23 23:43:17
  • 投稿者 :
  • ◆ 編集

[C138]

>上2つの非表示さん
全体を完全に把握出来ないので理論部分には直接触れませんがヒントになれば
・上位名倉(上位フォーカス)ではテレパシー的なものを通じて直接思念・記憶の送受信が可能

それと、このページは公開してみてはどうでしょうか。
もしかすると他の人の考察の助けになるかもしれませんし、
他の方の意見があれば自分の考えにもプラスになります。
  • 2007-08-24 00:15:40
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C139]

ここに書いちゃえ!!
名倉世界における送受信部分のことですが、
渡辺世界における因果、因縁、縁起が、
記憶を中心に、同じように体内・・・というか思考、精神内でも
同じように働いているのではないかということです。
その相互の近い記憶によって体内、精神で因果因縁縁起が
起こり、相手の行動、自分の行動に統一性がでるのではないか
この考えは、物理的に相互間で情報が行きかっているのではなく、
スタンドアロンで相互の状態をシミュレーションしている
というようなものであるが、精神はもともと同一のもので
無我であり自我でもある個、全であるのだから
交流は可能であり不可能というような意見に留まったわけです

意味わからないね!!!!
でもいいたいのはそういうこと
  • 2007-08-24 10:28:16
  • 投稿者 : 畳
  • URL
  • ◆j7kPgX2Q 編集

[C141]

上書きながら思っていたんだけど
間違いなく上の分は精神に近い性格
所謂ガイドに近い性格が書いたような感覚があった。
これは間違いない。
>>はガイド、精神と接近したがために
いきなり敬語になったに違いない
これは確信がある。記事内容にあまり関係ない
ようなことばかり書いてすみませんスレに戻ります
ありがとうございました
  • 2007-08-24 10:45:06
  • 投稿者 : 畳
  • URL
  • ◆j7kPgX2Q 編集

[C144]

その抽象レベルの高さは…
もしかすると何かしらのインスピレーションを受けた、とも考えられなくも無いですね
  • 2007-08-24 11:24:51
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/36-0e54e565
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。