Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C218]

『幺す』ワロタwwww

あずき先生は空を飛ぼう! とか魔法を使おう!
とかはしないの?
  • 2007-09-25 11:45:46
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C219]

たしかにそこは気になるな。
体験がまともすぎる。


名倉はその人を映し出す鏡みたいなモノで、あずき先生みたいにマトモな頭をした人はかなりまともで現実にありそうなシチュを体験するのかも。

俺みたいに頭がバァー!!な奴の名倉はやっぱりバァ――――!!!!!
  • 2007-09-25 12:21:53
  • 投稿者 : 小野妹子
  • URL
  • ◆- 編集

[C220]

>空を飛ぼう! とか魔法を使おう!
今は興味無いですね

>体験がまともすぎる
こちらから積極的に展開に介入すればトンデモ展開になるのでしょうけど…
今は特にやりたいことがないのでその時の場に任せてます
  • 2007-09-25 18:40:40
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/51-91ac9f92
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

メタフィクション学園

新たに自作ヘミを一つ開発して試してみたところ1日目で長時間滞在。
相変わらず入眠時離脱は出来て居ないが…
いや若しかすると入眠時離脱の延長が実は夢=離脱で…


  9月25日

眠気が強かったのでHexaStrike_4hzを聴きながら2度入眠・出眠。
意識状態が離脱的に良い感じになってきたので耳栓に切り替えて入眠。



以下、身体感覚・五感が現実と全く区別がつかないほど完璧。



街中。あたりが高さ20mほどの建物で囲まれている。
また道幅は狭く、異常なまでに閉塞感を感じる。
更に大勢の人が行き交っている。
通勤時のビジネス街のような感じで話しかけるのは憚られる。

取りあえずこの閉塞感は好ましくなかったのでもう少し開けた場所に。
道なりに歩いたり、建物の通り抜け部分を通ったりして延々と歩き続ける。
しかし何処まで言っても上記のような閉塞感の塊のような光景が続く。
さながら現代版迷いの森といった感じ。

1時間ほど歩き回った後に空間転移・場面変更。



場面再開。実家。
取りとめも無く1時間ほど生活する。
特筆事項が無いのでカット。

空間転移・場面転換。



場面再開。
高校の体育館らしいところ。
どうやらミニゲームを催している。
10人×10チームくらいに分かれて競い合っているようだ。

自分は何も知らされないままこのミニゲームの1チームメンバーとして放り込まれた、ということ。
まずはルールを把握すべく周囲を観察。
体育館入り口側にチームメンバーが固まり、ステージ側に椅子が置いてある。
そして一人ずつ椅子の方に駆け寄って椅子の上に置いてある紙を見て何か言っている。
どうやら漢字の読みを当てるクイズのようだ。

そして自分のターンが回ってくる。
漢字の読みクイズなら、ということで自信満々で椅子の方へ。
そして紙を見てみる。



『幺す』



自分「……へ?[いとがしら]す?」

…こうして我がチームは最下位に終わった。


空間転移。横長で大きな台の上に自分を含む大勢が寝転がっている。
この場の何となく弛んだ雰囲気に流されてダラダラと寝転がる。
顔と手を台に乗せて腰を上げているというトリッキーな体勢で。
_|\○_←こんな体勢。


しばらくして周りを見渡す。
目の前に四つん這いでキワドイ格好をした超絶的に可愛い女の子(顔を思い出せない)が居る。
何してるんだろう…と思いつつ辺りを見ていると、自分の周りの10人ほどが同じような四つん這い体勢であることに気付く。
妙だな…と思いつつ仰向けに体勢変更しようとする。

上体が45°まで倒れたタイミングで一声掛かる。
男「ちょ、おま、罰ゲーム罰ゲーム!」

言われて気付く。どうやら一日中四つん這いで生活するのが罰ゲームのようだ。
自分「おっとそうだったのか…いやこれはセーフだからな。45°上体が倒れてるだけだから。」

と弁解しているうちに空間転移。


再び体育館。どうやら次のミニゲームに移っている。
早速観察。…どうやら先ほどと同じく対岸に何か手札が置いてある。
が、しかし今回はルールが全く分からない。

そのまま自分のターンに。
対岸まで駆けて手札を見てみる。
…マトモな意味を成していない文字列が書いてあるのみ。
結局何も出来ないまま敗北。



取りあえず大きな独り言。
自分「というよりゲームの説明すら受けてないからな…」

これを耳聡く聞きつけた一人がこちらに近寄ってきて話をする。
相手を見てみると…高校時代の有数の超絶秀才の一人だった。

秀才「ゲームの説明を受けていない…?果たしてどういうことなのですか?」
自分「いや、ゲームの説明が既に済んだ後の場面に飛ばされてきたから…てそうか、もしかしてこちら側に現実での意識を持ち込めている一般人はこの中で自分だけなのか。(後の皆がNPCあるいはこちらに意識を持ち込めていない人間だからこのミニゲームにも違和感を覚えていないのか…)」
秀才「一般人…?では取りあえず今のあなたの身体感覚はどうでしょうか」
秀才、こちらの右腕をさする。
便乗して周りに居る2,3人からもさすられる。
自分「リアルだな…いやむしろ現実と全く区別が付かないほどの完璧さだ。もしかして実はここは現実…ではないのは確かだよな…うむ…もしかして時間軸が…いや…」

ここでやたら明るいボーイがやって来る。
ボーイ「まあまあ、そんなことは良いからここは飲みにでもいこうぜ!」
自分「しかし自分は禁酒しているので…」
ボーイ「よーし、俺もこの機会に禁酒しちゃおっかな~!なんてwまあまあとにかく行こうぜ!」
自分「うむ…」

と乗り気でないまま酒宴に連れて行かれることに…
というタイミングでフェードアウト。



現実時間1時間半、滞在時間数時間。



今回は本気で「ここって何処なのだろう…何なのだろうな…」と考え込んだ。
それにしても終盤は見事なメタフィクション空間だった。

3件のコメント

[C218]

『幺す』ワロタwwww

あずき先生は空を飛ぼう! とか魔法を使おう!
とかはしないの?
  • 2007-09-25 11:45:46
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C219]

たしかにそこは気になるな。
体験がまともすぎる。


名倉はその人を映し出す鏡みたいなモノで、あずき先生みたいにマトモな頭をした人はかなりまともで現実にありそうなシチュを体験するのかも。

俺みたいに頭がバァー!!な奴の名倉はやっぱりバァ――――!!!!!
  • 2007-09-25 12:21:53
  • 投稿者 : 小野妹子
  • URL
  • ◆- 編集

[C220]

>空を飛ぼう! とか魔法を使おう!
今は興味無いですね

>体験がまともすぎる
こちらから積極的に展開に介入すればトンデモ展開になるのでしょうけど…
今は特にやりたいことがないのでその時の場に任せてます
  • 2007-09-25 18:40:40
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/51-91ac9f92
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。