Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C266]

60年経過の感覚か…
心中お察し…したいけどできないよな
こればかりは体験してみんことには
  • 2007-10-21 19:54:11
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C267]

ちょ、一番最後の行wwww
  • 2007-10-21 22:48:02
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C268]

>心中お察し
お気遣い感謝
ちなみにこの当日の間に立ち直りました
  • 2007-10-22 17:41:03
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/60-08814a29
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

パノラマ故郷投獄

背中の痛みが酷い…


  10月19日

強烈なまでの疲れと睡魔に見舞われたので耳栓装備仰向け寝入眠。
目を閉じてREBALを始めた辺りで既に異変が。

目の前(?)の暗闇に数百、数千mもの奥行きがあるような感覚が突然生じる。
そしてその広大な暗黒パノラマ空間の全面にゲニ子さんの姿が浮かぶ。
完璧な幻視…とまでは行かないがかなりリアルな像がこちらの意志に関わらず浮かんでいる。
そしてじっとこちらに微笑みかけている。

結局この日はそのまま寝落ちしたが…これがいわゆる前兆に当たるかは分からない。
暗闇のパノラマ空間が目の前に展開する現象はこれまで何回も経験しているが像が浮かんだのは初めて。



  10月20日 明晰夢

夢≒離脱パートでは、昔見知っていた知人達と昔活動していたいくつかの場で色々と語り合っていた。
どうやら自分が命を狙われている事も分かる。



ふとある時点で場面が変わる。
場所は…実家近辺の屋外。
空は真っ暗だが人通りと交通量の多さから言って夜9~10時あたりの設定か。

自分は適当にぶらついていたのだが…何の前触れも無く明晰夢化。
どうやら「実家近辺の屋外」は完全に明晰夢化トリガーとなってくれているようだ。
(あるいは「屋外をぶらつく」か?)

自分「さてどうするか…いやしかしそれにしても人通りと言い交通量といい周囲の土地といいほんの欠片も現実との相違点が無いな…若しかして現実…いや現実でない事は確かだ。それにしても全く戻される気配が無いな…ということで折角だから実家に寄っていくか」
とつい調子に乗ったが最後。
数分ほど適当に歩いたのち無意識に取り込まれる。

この時離脱のことは完全に頭から抜けていた。

ついこの前同じような事をやらかしたと言うのに…



  10月20日 Part2

夢パートは失念。



ここで、ふと意識が浮上してバイロケーション気味な感覚になる。
ただ、前面で展開される幻覚のあまりの生々しい感覚に意識を囚われて、意識のフォーカスが(離脱フェーズの)寝床の自分へ全く向かなかった。
(あるいは変性意識と捉えるべきかもしれない)



幻覚。
どうやら自分は投獄されている。
そしてその自分を後ろから第三者視点で見ている。
身体感覚は弱いが視覚はリアル。
その部屋は薄暗く、壁面はコンクリートが打ちっ放し状態。
そして壁の二面には彩光用の縦20cmほどの鉄格子付き窓があるのみ。

ふと気付くと右手に100円ライターを持っている。
そこでどこかから軽い調子の男の声が降ってくる。
男「へっ、そいつをくれてやるからここから抜け出してみな」

言われるままに脱獄する事に。
ライターを使う機会などほとんど無いせいか、着火した勢いで火が手に触れる。
「非常に熱い」という幻触が湧いた。

取りあえず窓枠の当たりにライターの火を当てて焼く事に。
…言うまでも無く無理だった。

ここで、あやかしびとのウラジミールの能力と筒井の旅のラゴスに出てきた壁抜け能力を足して2で割ったようなインスピレーションが走る。
そのインスピレーションに従い、全身を壁へとめり込ませてみる。
…徐々に壁を抜け始めた。



ここで幻覚の場面転換。
実家に居るのだが…視界が実家の建物を上空から俯瞰した視点と室内を小型スコープを通じて見た視点とに分裂している。

ここが一般的な幻覚と全く異なる事だが…
時間がリアルで60年経過したような感覚がする。
そして現実世界から取りこぼされたような切ない感覚が猛烈に湧いてくる。
また人生で一度も感じた事のない郷愁感も沸き始めた。

泣こうにも泣けないもどかしい切なさに身を刻まれる思いに数分ほど見舞われた後に現実へ強制帰還。



これは一体何だったのだろう…
ちなみに身を刻まれそうな苦しさは覚醒後からずっと続いている。
といつまでも気にしていてはマイナスにしかならないので

【今日の反省点】
・「このまま延々と滞在出来る」などという慢心は捨てよう。
・幻覚に引きずり込まれないようにしよう。
→そのためには深層意識に「寝床の自分」を刷り込むのが一番であろう。
・ゲニ子さん良いよゲニ子さん

3件のコメント

[C266]

60年経過の感覚か…
心中お察し…したいけどできないよな
こればかりは体験してみんことには
  • 2007-10-21 19:54:11
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C267]

ちょ、一番最後の行wwww
  • 2007-10-21 22:48:02
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C268]

>心中お察し
お気遣い感謝
ちなみにこの当日の間に立ち直りました
  • 2007-10-22 17:41:03
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/60-08814a29
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。