Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C362]

これぞ戦闘(通常戦)って感じだ


ところで最後の話からどことなく甘い青春なかほりが漂ってくるが…
気のせい?
  • 2008-01-31 17:52:20
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C363]

>甘い青春
的な意味ではなくいわゆる「人として」的な感じで
  • 2008-01-31 22:20:31
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C367]

「心の内面に意識を向ける」ってのやってみたら離脱しかけた。
或いは離脱したしたと同時に寝てしまった(意識がおちた)かだけど…かなり参考になったよ!
  • 2008-02-03 22:28:12
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C370]

個人的には「心の内面に意識を向ける」ことが全ての始まりだと思っています
  • 2008-02-04 15:05:24
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/91-38731028
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

黄金パターン最適化

以前黄金パターンなるものを投稿したが
(まとめにも「読書法」として載せられている模様)
それについて更に最適化。 プラス体験談
注意:<08/01/30 23:11> 離脱法部分の修正


黄金パターン最適化

◎翌日に仕事等が入っている場合はあまり薦められない

①即寝落ち寸前の状態になるまで眠らない
②即寝落ち寸前状態になっても眠らずに覚醒しておく
③するとある時点を境に眠気がすっと引く
④それでも覚醒を続ける(ここに読書・学習などを挟んだのがいわゆる読書法)
⑤すると再び激しい眠気が襲ってくる
⑥余裕があれば③→④をループ、無ければ⑦へ
⑦入眠へと向かうが、この時ただ漠然と眠りに就くのではなく心の内面に意識を向けつつ眠気に抗いながら入眠へ。
(ここで何かしらの離脱法を行なうのも良いと思われる)
⑧気付くと明晰度完璧or離脱フラグに入っている…はず

That's all.



  1月30日
上記のプロセスで入眠。



※途中で明晰度完璧五感完璧状態に10回ほど入ったがやたらコンティニューを続けたせいか記憶破損が激しい。


明晰度完璧状態に。
周りの状況が全く面白味に欠けていたので離脱することに。
地面に倒れて意識を投げ捨てる。
すると意識が寝床に。
だが体の自由が完全に利いていたため確かめもせずに現実と勘違い。
そのままコンティニューへ…

○戦闘
明晰度完璧・五感完璧。
どこかの宮殿。
王に剣を託される場面から記憶は始まる。
どうやらモンスター退治を仰せつかった模様。
なんとなくドラクエっぽい。

ドラクエっぽい世界でありながら渡された剣は「ビームソード」であった。
セルリアンブルーとビリジアンの中間の様な色でとても美しい。
総身が透けていて、中央部に超古代文明的な精密機構が施されている。

加えて普通の細身の剣も持っていた。
ということで右手に細身の剣、左手にビームソードの二刀流でいざ外へ。

周囲は以外にも現代的な都市。
だが人が一人もいない。

自分「まったく、殺風景だな…期待はずr…てうおっ!」
目の前を時速50kmくらいの速さで四足の獣が駆け去った。
自分「(もっと薄鈍いモンスターを想像していたが…この速さは規格外です)」

と、一旦向こう側に駆け去った獣が今度はこちらに向かってきた。
速い。
とても反応できない。

ここで、ジョジョの格ゲーで時を止められた時の対処法の応用が咄嗟に思い浮かぶ。
(解説すると、相手の行動を止められない時に時を止められた場合、空中にジャンプする。なぜなら地上行動を取る相手ならば空中にいる敵には攻撃を当てにくいため。)

即座に跳び上がる。
1m以上は跳んだ。
だが獣もそれに反応して跳びかかって来た。
何とか左手の剣で払った。

次いで再び方向転換して襲い掛かってきた。
ここでピンとくる。
自分「(このビームソードなる剣は何かしらの特殊能力があるはずでは…)」

と思ったので適当にビームソードに念を込める。
そして獣の突進を紙一重で避けて側面からビームソードを振る。
すると、剣と同じく美しい光を発してエネルギー波が飛んだ。
そのまま獣は倒れた。

どんな化け物かと思って倒れた獣を見てみると、見た目はただの犬だった。
何となくGGのレオパルドンの中身を思い出した。

後で考えてみると、あのエネルギー波は厳密にはビームソードの特殊能力ではない。
自己の想念によって自力で発動したいわゆる魔法的なもの。
あのビームソードは自己の想念を補う媒介・道具。
魔方陣を描いたり呪文を唱えたり魔術道具を用いたりするのと恐らく同義。
「魔法アイテム」、といった感じか。


○偽りの目覚め
一旦覚醒した。
その後耳栓を外した。
そして屋外に出て何かを行なっていた。
だが記憶がさっぱり抜け落ちている。
覚醒後に確かめても耳栓はそのまま着けていたことから偽りの覚醒であった。


○パートナー
旅を続けていた。
まとまった記憶が無いため詳細不可。
自分の隣りにずっと女の人が付き添っていた。

ここまで明晰度が低い状態。
この時直感的に理解した。
自分「(ああ、この人は今回だけでなく前から何度もこの世界で行動を共にしていたな)」

とある坂。
ここでいきなり明晰度完璧化。
ふと隣りの女性を見てみる。

その人は、超絶美人かつ性格が非常に穏やかで優しい昔の同級だった。
自分「(ふむ、前からずっと行動を共にしていたか…まあ当時結構気は合っていたな…となるとガイド…は有り得ないからいわゆるパートナー…かどうかは分からないがこちらでは前から面識があったのか。)」

自分「ねえ(よし、直接尋ねてみるか)」
同級「ん?どうしたの○○くん?」
自分「(いや…敢えて聞かないでおくか)いや、何でもない」
同級「ふふっ、そう(微笑み)」

としばらく行動を共にしているうちにフェードアウト。



・「一旦寝床に意識が戻ったら現実かどうか確認を絶対にすること」の原則を忘れていた。
・久々戦闘らしい戦闘をした。
・あの人は一体…
・特に日常でも思い出すことは無いのにな…
・三大霊訓によると、向こうの世界では他者との絆はずっと切れないそうな。
・加えて毎日寝るたびに交流をしているとか…
・まあ、相手が元気でやっていてさえくれれば何だって構わない

4件のコメント

[C362]

これぞ戦闘(通常戦)って感じだ


ところで最後の話からどことなく甘い青春なかほりが漂ってくるが…
気のせい?
  • 2008-01-31 17:52:20
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C363]

>甘い青春
的な意味ではなくいわゆる「人として」的な感じで
  • 2008-01-31 22:20:31
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

[C367]

「心の内面に意識を向ける」ってのやってみたら離脱しかけた。
或いは離脱したしたと同時に寝てしまった(意識がおちた)かだけど…かなり参考になったよ!
  • 2008-02-03 22:28:12
  • 投稿者 : ナナ子
  • URL
  • ◆- 編集

[C370]

個人的には「心の内面に意識を向ける」ことが全ての始まりだと思っています
  • 2008-02-04 15:05:24
  • 投稿者 : あずき
  • URL
  • ◆nB8QTuxg 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://azuki1349.blog111.fc2.com/tb.php/91-38731028
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門

Appendix

プロフィール

◆.....AzUKI

Author:◆.....AzUKI
チラシの裏代わりの日記。
質問・要望・雑談・ツッコミその他有りましたらお気軽にコメント欄にどうぞ。
※仮酉:あずき ◆qLhi7LRvR2

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。